パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再燃

イギリス行きたい。
ロンドンでお茶したい。

そういえば2009年のロンドン旅行記、途中のまま放置してます(苦笑)。
アフタヌーンティーの写真もアップしてなかったので今更だけどちょこっと掲載。
The Athenaeum Hotel(アテナウム・ホテル)のアフタヌーンティー 2009年11月(5年前かっ)。
1ヶ月前にメール(英語がんばった)で予約する気合の入れようでしたが空いてました(笑)。
でもアテナウム・ホテルは2012年にトップ・ロンドン・アフタヌーンティー賞を受賞したらしい!!

あ~もう1回行きたいなあ・・・。
DSC01093.jpgDSC01099.jpgDSC01091.jpg
DSC01100.jpgDSC01103.jpgDSC01106.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 22:11:28|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

目標

長らく放置していたロンドン旅行記、Up再開しました。
といってもまだこちらに書いた記事+1だけですが。
GW中に全部書き終えるのが目標…まあムリだろうな(苦笑)。

madokapandaのロンドン日記
  1. 2010/05/01(土) 00:00:00|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

復活ロンドン日記・クリスマス編

クリスマスが終わってしまいました。25日の夜は会社のプロジェクトルームで、ペアで仕事してる人(おじさん)と菓子パンかじってました。なんという寂しいクリスマス。

さてすっかり滞ってるロンドン日記。お正月にでもUpしようと思いますが、せっかくなので(?)クリスマスのディスプレイの写真だけ載せちゃいます。このままだとすっかり季節外れになりそうなので(笑)。


まずは3日目にがーっと買い物をしたフォートナム&メイソンのショーウィンドウ。今年のテーマは「白鳥の湖」(多分)。でもなんか・・・
FM_1.jpg

マシュー・ボーン?
FM_2.jpg

白鳥の湖ってこういう話だっけ?
FM_3.jpgFM_4.jpg

続いてこれは・・リージェント・ストリートだったかな~。
regent.jpg

カーナビー・ストリート。個人的にはここのディスプレイがいちばん気に入りました。
carnavy.jpg

Libertyのディスプレイ。ロンドンってなんでこんなゲ○風味なの(笑)。
liberty.jpg

これは昼間のリージェント・ストリート。こちらは「クリスマス・キャロル」がテーマ(多分)。
regent_2.jpg

光っちゃってるけど、お洒落なデパート、ハーヴィ・ニコルスのディスプレイ。テーマは「オズの魔法使い」(多分)。
nicks.jpg


あ~やっぱりロンドン素敵だな~また行きたいな~。

おまけ。F&Mで買ってきたクリスマス・リース。来年こそは飾りたいなー。実はF&Mでクリスマス・プディングも買ったんだけど・・・・いつ食べればいいんだろ?
FMリース
  1. 2009/12/26(土) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その8.ヘイズ・ギャラリーでPUBランチ

pub_3.jpg

やっとお昼ごはんまで来ました(笑)

[ロンドン日記その8.ヘイズ・ギャラリーでPUBランチ]の続きを読む
  1. 2009/11/24(火) 22:22:22|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その7.サザーク大聖堂

southwalk_1.jpg
お茶を飲んで温まったところで散策再開。あー、でもテート・モダンのショップで買い物すればよかったなー。ポストカードとかエコ・バッグとか良かったのにな~。海外でのお土産は一期一会、出会ってピンと来たら買わないと・・・(涙)。

外へ出たら雨がぱらついていたので傘を差して、こっちの方かね~と適当に歩いていきます。このへんの細かい通りはあまりガイドブックになくて。そのせいか?日曜のせいか?人通りはほとんど無くちょっと寂しい。通りが広くて明るいので恐くはなかったけど・・・・1人だったら恐かったかも。そうこうするうちに、古い小さな教会を発見。あれ?ここがサザーク大聖堂?こんな小さいのか!(と思ったのはセントポールを見た後だからかも)。ロンドン最古のゴシック様式教会です。

中に入れそうだね~とおそるおそるドアを開けると、ちょうど礼拝が終わった後のようで、たくさんの信者が出てくるところでした(今思えばRemembranceDayの礼拝だったのかも)。その光景は私の日常とはまったくかけ離れたもので・・なんていうんだろう、映画の中というよりは、子供の頃に見た絵本の中のような・・・異国の情景そのもの、という感じでした。カトリック系大学だったから教会は見慣れているはずなのにそんな風に感じるのは不思議だったけれど、やっぱり全然違うものなのかなあ。

そしてこの礼拝堂の内装が!素晴らしく美しかったのですよー。撮影可か判らなかったしそういう場で撮るのも失礼な気がして写さなかったけれど、本当に本当に素晴らしかった。しばらく放心して眺めてましたからねー。あー、ここももう一度行きたいなあ・・・。

礼拝堂を抜けるとトイレがあったのでちょっと拝借(またトイレかよ!笑)。その横にはショップがあり、教会のグッズとともに、クリスマス関連グッズが山盛り!実は私、クリスマスグッズに目がないんですね。もう~興奮して吟味しまくり。悩んだ結果、オーナメントを2個購入。
omiyage1.jpg

1個£3ちょっと(約500円)。可愛いっす。でももっと買いたかった~。お店にはいかにもなイギリス老婦人が立っていて、”ティッシュにくるむ?”と言って丁寧に包装してくれました。外にはカフェなんかもあって、すごく良い感じの教会でした。ああ、もう1回・・・(しつこいっ)。

正面はこんな感じ。やっぱり大きいよね(笑)。
southwalk_2.jpg

*後で調べたら、入るのは無料だけど寄付をしたほうが良かったようです。しまった・・・つ、次の機会に!
  1. 2009/11/23(月) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その6.ミレニアム・ブリッジとテート・モダン

tate1.jpg
ロンドン日記に戻ります(笑)。

セントポール大聖堂を堪能した後は、テムズ河を渡って対岸へ。聖堂の前にどーんと伸びる↑この道は、2000年に掛けられたミレニアム・ブリッジへ通じてます。名前の通り2000年に完成したのに、予想外の揺れが発生したため2日で閉鎖され、2年後に再開されたというある意味オソロシイ(?)橋(笑)。
tate2.jpg

みんな左側を撮影してるのは、そっちにロンドンブリッジやタワーブリッジがあるため。その写真もありますが私がアップなので却下(笑)。後ろの建物が、発電所を改築した美術館テート・モダン。1995年版”るるぶ”の地図ではしっかり『火力発電所』となってます。ピンク・フロイドのアルバムジャケットの場所と間違える人が多いですが(オットだ・笑)、あれはChelsea方面にあるバターシー発電所跡地です。
      ↓これですね。
アニマルズアニマルズ
(2000/06/28)
ピンク・フロイド


よく見れば全然違うんだけど(笑)。

河を渡ったところから見たセントポール大聖堂(とミレニアム・ブリッジ)。綺麗だわ~(うっとり)。
tate3.jpg

テート・モダンに入るつもりはなかったんだけど、あまりの寒さに一時避難(笑)。現代美術を中心に展示しているこの美術館、元発電所だけあって天井は高いし、内装はすごく素敵。色々企画展示をしてたのでざっと見ましたが、アートって全然わからない・・・。猫に小判状態なのでさっさか退散。ミュージアム・ショップを冷やかして、最上階のカフェに移動しました。花より団子~。

奥にあるレストランは結構高級っぽい?感じでしたが、手前はお気軽カフェ。カウンターで注文するセルフサービスです。ここの店員さんはなぜか皆イケメン!(笑)。オーダーから出てくるまで、紅茶1杯に何分かかるんじゃ!というのんびり加減ですが、イケメン鑑賞でとりあえず凌げます(笑)。女性店員も美女ですよん。
tate4.jpg
朝食の仇をとろうと(笑)ここでもEnglish Breakfast。£1.8(約300円)。たっぷりミルクが嬉しい~。
しかしこのカップとポット、あらためて見ると素敵だな~どこかに売ってたのかな~。

tate5.jpgstpaul1_20091121235725.jpg
ここから見るセントポール大聖堂もいいな~(クリックすると写真拡大します)。
しかしここですでに12時過ぎ。本来ならもうロンドン塔を見終わってる予定なのに。これはもうダメだと、一箇所一箇所のんびり回ることに変更だ~(笑)。
  1. 2009/11/21(土) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その5.セントポール大聖堂

到着翌日の8日(日)。この日はとにかく観光しよう!Dayで、私が立てた当初の計画は、テムズ川沿いを歩いて主要スポットをチラ見→午前中にロンドン塔→移動してランチ→大英博物館、というものでした。しかしこの計画がいかに無謀だったか、すぐに思い知ることとなります(笑)。

ホテル前で出発前に撮影。この後、あまりの寒さにマフラーを取りに部屋へ戻りました。でも戻って正解だったー。
madok_1.jpg

駅でOysterCard(後述)を購入しピカデリー線へ。地下鉄・・・といっても地上駅なんだけど、Hammersmithの改札。写ってる女性の足が長すぎるんですけどっ。
tube1.jpg

車内。こんなに空いていたのはこの日だけでした(日曜だから?)。
tube3.jpg

乗り換えのHolborn駅エスカレーター。どこもこんな感じで舞台・ミュージカルのポスターで埋まってます。エスカレーターはスピードが速く、トロい私は毎回つんのめりそうになってました(笑)。香港も速かったな、そういえば。
tube.jpg

そんなこんなでSt.Paul駅へ到着。大聖堂はどっちだーと周辺図を探してると、辺りに響く鐘の音!
すごい、こんな音聴いたことない・・・!

地図と鐘の音を頼りに歩いていくと、どうやら真裏に出ていたらしく、目の前にものすっごい巨大な建造物がそびえ立ってます。はやる気持ちを抑えて、トイレを発見して入ります(笑)。なんかトイレのことばっかり書いてますけど、ロンドンは日本のように駅にトイレがないので、見つけたら入っておけ!とガイドブックにもあるのでね~。で、ここSt.ポール裏の地下にあるトイレはめちゃくちゃ綺麗で、周辺にやはり少ないのか、せっぱつまって階段を駆け下りてくる人が多かったです(笑)。

落ち着いたところで(笑)表に回ると・・・そこには、本当に本当に見たことのない素晴らしい大聖堂が。
(以下、クリックすると写真拡大します)
stpaul4.jpg

stpaul2.jpg

stpaul5.jpg

stpaul6.jpg

もうね、言葉では表せないです、この素晴らしさ。
写真じゃ判らないけれど、この美しさでとにかくものすっっごい巨大なのです。

聖堂内は本来は入れる(数百段の階段を登って市内を一望できるらしい)んですが、日曜は閉館。本当は最終日にいくつもりだったんですけどね~(涙)。そしてこの日はRemembrance Dayのためか?要人が来ていたらしく、”Police”表記のヒモが張られ、警官が警護していました。

stpaul3.jpg

私の後方、左側に入っていっているのが要人らしい・・・。誰が来ているのか警官に聞いている人もいましたが、もちろん私にそんな英語力はありません(笑)。
ああ、でも本当に素晴らしかった・・・!
  1. 2009/11/18(水) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その4.ホテルの朝ごはん

breakfast_2.jpgbreakfast_1.jpg

NOVOTEL LONDON WESTの朝食はルームサービス。前日にオーダーシートに希望時間と飲み物・シリアルかフルーツサラダかを選んで外にかけておくと、翌朝部屋に届けてくれます。メニューはクロワッサン・ハードパン・デニッシュを1個づつ、オレンジジュース、ヨーグルト、ジャム2種、バター、フルーツサラダ。毎日デニッシュだけがちょっとづつ違いました。

届く時間はずっと「7:00~7:30」を選びましたが、初日は7時ジャスト、翌日は7:30、次は7:05、最終日は6:57と、ほぼ正確といえるのでは(笑)。クチコミでは評判わるいこの朝食、私は気に入ったなー。パンもフルーツも美味しかったし、なにより朝起きてメイクしたり着替えたりしてレストランに行かなくていいというところが○。ただし飲み物の「English Breakfast」は選ばないほうがいいかも。アールグレイだとトワイニングなのに、English~だとノーブランドのティーバッグで、これがもう許せない味(苦笑)。 そこだけは減点なホテルの朝食、最終日は体調わるくてほとんど食べられなかったのが返す返すも残念・・・!

ちなみにオーダー・シートは初日以外部屋に置いていないことが多く、フロントに取りに行くのが日課となりました(笑)。

さあ、ご飯を食べたら観光だ!(やっと)。
  1. 2009/11/17(火) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その3.Remembrance Sunday

ロンドンに到着した7日(土)夜、天気予報を観るためにBBCをつけっぱなしにしていたら、ずっと画面上に「Remembrance Sunday」と表示されていたのです。明日がその日ということ?Remembranceって何?と気になって持参の辞書で調べたら、「11月11日にいちばん近い日曜日。英霊記念日」という説明が。つまり今年は明日8日。そんな大切な日だったのか・・・。

これは帰国後に調べたんですが、第一次大戦の停戦協定に署名されたがの11月11日の午前5時、休戦協定がその6時間後の午前11時に発効したことによるそうで、この日は戦没者を慰霊する儀式や礼拝が行われるそうです。

こういうのって、やっぱり遠く離れているとわからないことかも。祝祭日は調べていったけれど、この日についてはどこにも載っていなかったし。けれどイギリスではとても大事な日のようで、土曜には女王や王子が出席する式典が放送され、当日日曜は朝からずっと戦争関連の番組が続いていました。イギリスはイラクへの派兵をしているし、戦争は過去のものでも遠い地のことでもないんですね。

そしてテレビに出ている人は全員、胸に赤い花のようなものをつけていました。これも後で調べたんですが、この花は”フランダース・ポピー”というそう。1921年に英国在郷軍人会が戦没者への募金を集めるために赤いポピーを売ったのが始まりで、激戦地の後にはきまってたくさんのポピーの花が咲くのだそうです(参考にしたのはこちら)。


こんな静謐な儀式の日に観光に出るのか・・・と少し気は引けたものの、スケジュールを変えるわけにもいかないので、戦没者への追悼の気持ちを胸に抱きつつ、出掛けることにしました。
  1. 2009/11/17(火) 22:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その2.ヒースロー~ホテルまで

飛行時間が少し早まったため1時間早い11時間1本勝負!の空の旅が終わり、やーっと着きましたヒースロー空港。ANAが到着するのはターミナル3。1~5まで分かれてるみたいですが、その他との違いはわかりません(笑)。

案内のままに進んでいって、かなり歩いたところでやっとパスポート・コントロール。うっわー、さすがヒースロー、とんでもない行列。これは待つなあととりあえずトイレへ行ってから列に。同時に着いた日本人も多いけど半数以上は他国人って感じで、あ~イギリスに来たんだな~と実感する私。

そしてイギリスといえば入国審査が厳しいことでも有名。サイパンじゃ”日本語で”「サイパン初めて?」と聞かれて終わりですからね(もしくは無言でスタンプを押すだけ)。ここ数年ずーっとそんな海外体験だった私はかなり緊張。が、電光掲示板に「ツアー・家族・友人は一緒でOK」みたいなことが表示されてるのを友人が発見。友達も一緒でいいの?マジ?と俄かには信じられなかったものの、順番が来て2人で審査官の前に行っても何も言われなかったので安心。で、肝心の入国審査は、最初に「sightseeing?」と聞かれ、その後は何日滞在か?イギリスは初めてか?2人は姉妹か友人か?と聞かれて終わり。はっきり言って楽勝でしたー。みるからツアー客の日本人にはこんなものなんですかねえ。

荷物を受け取って外へ出ると、ものすごい出迎えの数!この中からハローツアーの人を見つけるのか・・・視力がわるい私たちには至難の技・・・が、すぐ正面に発見!近寄ると、「○○様と○○様ですね?あと1組送迎付きの方を待つので、そこの椅子で待っていてもらえますか」と言われ、書類だけ受け取って指定場所で待ちます。ツアー、2組だけなのかなあ。しばらくすると係りの人がやってきて、簡単に日程の説明など。このとき引っかかったのが、週末の地下鉄工事の多さ!事前に調べて判ってるつもりだったんだけど、予想以上に止まってる路線が多い・・・明日の計画に暗雲たちこめそう・・・・。

で、私たちは自力でホテルへ行くプランなので、Zone1~6のトラベルカード(この辺は後でまとめてエントリー記事かきます)をもらってスタッフと別れ、地下鉄へ。案内通りに進むも、途中で右へ行くか左へ行くかで揉める私たち・・・結果的には私が正解だったんですが、”だからそう言ったじゃん”とかは言いません(笑)。ターミナル3からホテルのあるHammersmithまではピカデリー線で30分程度。地下鉄は狭い・・そして揺れる・・・。駅に着くたびにアナウンスされる『Mind the gap(隙間に注意)』というアナウンスに、ロンドンに来たな~と実感する私。最初は薄暗かった外の景色も、Hammersmithに着く頃には真っ暗。このとき17時くらいだったのかな?

hammersmith_1.jpg

駅前はかなり車の通りが多く雑多な感じ。まあそういう街なんですね、Hammersmithは。ホテルまでは歩いてしまえば近いものの、初めてだとかなり迷うかも。ピカデリー線を降りて改札出て右へ進み、ショッピングセンターの入り口を更に右に進むという感じです。上の写真はショッピングセンターを出たところ。

宿泊先はNOVOTEL LONDON WEST。ホテルランクでいえば中の下って感じ?(笑)。よくも悪くもビジネスホテルに毛が生えたくらい。コンベンションホールみたいのがあるので、団体利用が多い感じですね。個人客で夜着だと真っ暗なスロープを登らなきゃいけないので、女1人だとちょっと恐いかも・・・(と、いろんなクチコミに書いてあったけどその通りでした)。

チェックインしてお部屋へ。部屋は3階(日本でいうところの4階)。お部屋はこんな感じ。
novotel_1.jpg

洗面所。右側にバスタブがあります。アメニティは写ってる石鹸とバスジェル・リンスインシャンプーのみ。歯ブラシその他はありません。あ、ドライヤーはあります。
novotel_2.jpg

あー疲れた・・・。この時点で日本時間ではもう真夜中。しかしこっちはまだ宵の口にも満たないってどうよー?が、お腹も空いたので、適当にアンパッキングして街中へ。とりあえずマークス&スペンサー(日本でいうところのイトーヨーカドーみたいなとこかな?)へ行って果物とエクレア、サラダと水を購入。私は道すがらにあった(そしてその後いたるところで見ることになる)プレタマンジェでサンドイッチを購入。2人でシェアして食べました。味はかなり美味しい。特にこのM&S印のエクレアが!
dinner_1.jpg
中の甘くないホイップと激甘のチョコレートが絶妙でした。しかし安い夕飯だなー。

お風呂に入ったりなんだりしてるうちに時刻は21時。日本では翌日の朝6時。機内でほとんど眠っていない私は24時間起きてることに・・・。かなり限界でしたが、ここでがんばったおかげで時差ボケにはまったく無縁だったのでした。

が、さすがに疲れてこの日は22時にダウン。朝ご飯をオーダーして(この記事はまた次に)、ばたーっとベッドに倒れこんだのでした。

  1. 2009/11/15(日) 22:00:00|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ロンドン日記その1.出発~機内のお話

ロンドンでもらってきた風邪が中々治らず、2日間沈没してました(苦笑)。荷物の整理も何も終わってないまま明日から仕事・・・しんどい~。
忘れないように旅日記は少しづづでもUpしていきます。というわけで、まずは出発から到着まで。
**********************************
2009年11月7日(土)。17年ぶりの!ロンドン旅行へ出発しました。集合は10時05分でしたが、少し早めにということで9時着のNEXで成田へ。なぜ早めにしたかといえば、私たちのツアーは並び席確定ではなかったため、早くチェックインすれば並びが取れるかな~と期待したんですが・・・Webチェックイン全盛の昨今、そんな努力はまったく無駄。離れ離れの席しか空いていませんでしたー。12時間1人旅。ま、大人なので(笑)そんなの全然平気なんですけどね。私はトイレが近いので、通路側の席にしてもらいました。

空港内で軽く食べて(この時点でむむーということが既に勃発していた、そういえば)早々と出国。国際線は液体物の持ち込みがものすごく厳しく、100ml以下のボトルを20cmX20cmのビニール袋に入れなければいけないんですが、日本出国時はそんなチェックはまったくなく拍子抜け。まあカメラでは見てると思うんですが。

私は欲しい化粧品があったのでDFSでがーっと購入。旅の供の週刊文春も買い(笑)とっととゲートへ。ここで隣り合わせたおばあさんとちょっとお話してびっくり。結婚してケンブリッジに住む娘さんを訪ねるというこの方、75歳!うちの母と同じ年!なのに1人でイギリスまで行くって・・・すごすぎる~。母なんて国内旅行ももう無理って言ってるのになあ。見回せば待っている方に若者は少なく、ほとんどがいわゆる団塊世代。時代ですねえ。

そんなこんなで多少のディレイはあったもののANA201は無事出発。私の席は真ん中の一番後ろで、トイレは近いしリクライニングに気を遣わないでいいし、中々良い場所。お隣は老夫婦(ANAは3・3・3配列)。私は離陸がいちばんキライなので、クッションを抱きしめひたすら耐えます(笑)。安定するまでは不安と苦痛を紛らわすため、機内PGM(ビデオ)の操作方法を一心に読んでました。おかげでPGMスタート時にすぐ見ることができたり(笑)。というかねー、あのリモコン、使いにくすぎ。あれ、年配の方にはわかんないですよー。隣の老夫婦もあーでもないこーでもない悩んでいるので、おせっかいながら私が教えてしまいました。

そうこうするうちにドリンクサービスがあり、あっという間に1回目の機内食(デジカメ利用可かどうか確認して撮影)
kinai1.jpg
若鶏のカツレツ コルドン・ブルー風/和風味/チーズとクラッカー/ブレッドロール(ANAのHPから)
白身魚のメニューもあったんですが、私のあたりではもう品切れ。”和風味”ってのが何かと思ったら、左上にあるもので、これ、お蕎麦なんですねー。ほぼ全員がモンブランだと思ったんでは(笑)。
機内食の味はまあまあってところ。私は7割くらい食べて、あとは白ワインをちびちびと・・・(笑)。

その後約10時間は、「サブウェイ123」という”スピード”と”ダイ・ハード”を足して2で割ったような映画を観たり(結構ハラハラドキドキおもしろかった)、手を出しちゃいけないっ!と思いつつ手を出してしまった「プリズン・ブレイク シーズン1」を数話観てしっかりハマッたり(笑)、ほどんど見たことがない「クイズ・ヘキサゴン」を見て”○木ってバカだな~”と大笑いしたり・・・全然退屈しませんでした。

でもお腹空いちゃってねー。メモ帳にちょこちょこ書いてたんですけど、機内では「お腹空いた」「ごはんまだー」ばっかり書いてます(笑)。だって12時頃に食べて、日本時間23時にやっと次の機内食!以前はもう1食出たと思うんだけどなあ。

そんなこんなでやっと出た2回目の機内食。
kinai2.jpg
ビーフのブレゼ デミグラスとトマト風味 クリーミーなパスタ添え/フルーツカクテル/デザート/ブレッドロール
えー、ぶっちゃけ、まずかったです(苦笑)。中学時代の給食みたいな味だったな~。
この後は入国書類を書いたりしてたんですが、ここでまたまたびっくりすることが。

隣の老夫婦も息子さんに会いに行くということを途中の世間話で聞いていたんです。食後、BAさんが「○○様はお乗り継ぎですよね。後ほど職員がお手伝いに参ります」と言いにきたので、ああ、ロンドン乗り継ぎで他の地に行くのかーと思ってたところ、その時いなかったおじいさんが戻ってきて、おばあさんが言った言葉に驚愕。 「ねえ、この飛行機、ヒューストンに行かないんですって!」。それに答えておじいさん、「じゃあどこ行きなんだ?」「さあ、知らない」。ええええっ。どこ行きか知らないで乗ったのー!?すごい、すごすぎる・・・。おそらく息子さんがチケット送ってきてこれに乗るように言ったんだと予想されますが、それにしたって(笑)。この世代には適わないなーとしみじみ思った私なのでした。

あ、ホテル着まで書こうと思ったのにすでにこの長さ(笑)。続きにしよう・・・。
  1. 2009/11/15(日) 17:00:00|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロンドン帰り!

stpaul1_20091121235725.jpg

ロンドン4泊6日の旅から帰ってきました。
11月のロンドンは・・・

寒かったー!!

もうね、日本の真冬ですよ、真冬。私はユニクロのヒートテック・ババシャツ、ハラマキ(カイロ付き)、タートルセーター・コート・マフラーという重装備で臨んだのに毎日寒くて寒くて、最終日前夜にとうとう風邪をひきました。そして初めて海外で病院にかかりました・・・。日本人クリニックで£196 約3万円をカードで払いましたよ(涙)。保険入ってるからいいけど・・・。っていうか保険は大事ですねえ。まあでもインフルエンザ検査もしてもらって陰性だったのでとりあえずは安心。今もくしゃみ鼻水喉痛で大変です。検査してなかったら相当ビクついて帰国したかと(笑)。


まあそれはともかく、ロンドンは楽しかったです。予定の半分も回れなかったし心残りはたくさんあるんだけれど、ほんとに素敵な素敵な景色・建物・博物館・美術館を見てまわれて幸せ~。特にハマッたのがこの↑聖ポール大聖堂。これは向かいのテート・モダン(美術館)7階のカフェから撮ったものですが、とにかく大きさに圧倒。こんな大きくて美しい建物を生まれて初めて見ました。これを最終日にもう一度観にいくつもりだったのに・・・病院に行って終わってしまい・・・残念無念。

というわけで絶対近いうちにリベンジします。前回もリベンジ誓って再訪までに17年かかってるからどうなるかわからないけど(笑)。いや絶対いきます。というかね、ロンドンは楽しかったけど、旅行が楽しかったかといえば実は微妙で。やっぱり生活がもうまるきり違う友人との旅は難しいですね。後半はほぼ単独行動、帰りの飛行機では口もききませんでした(苦笑)。やっぱり旅はオットとが一番だなあ。趣味というか嗜好が同じだからね。なので私の目標は、ロンドン五輪終了後にオットと再訪!もう市街図も地下鉄もばっちり理解したのでね(笑)。

で、これから長い長いロンドン旅行記書いていきますので、しばらくおつきあいくださいませ。が、今日はもう寝ます。疲れた・・・。

追記)上の写真、PCに落とすまで気付かなかったんだけど、右上になんか光が・・・。雲が切れた?それとも未確認飛行物体!?
  1. 2009/11/12(木) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

つぶやきロンドン

RSVP 第5号 スイーツファンのためのロンドン案内RSVP 第5号 スイーツファンのためのロンドン案内
(2009/10/15)


商品詳細を見る


ロンドン日程。博物館とお茶を中心に組んでる今のスケジュール、”音楽”を入れる隙間がありません。ROUGH TRADE のWESTに行くことは出来るんだけど、最もクールといわれるEASTに行くことができない。HMVのようなメガ・ショップにも寄りたいのに・・・余裕無し。

そうやって考えに考えたスケジュールが、昨日買った雑誌によって検討し直し。だって・・・魅力的なキッチン用品店があるんだもの!店内に溢れかえるケーキ作りの器具や型。1時間2時間平気でいられそう。
エラそうに語っていても、私にとってお菓子>音楽なんでしょーかね。それでも”スイーツ”なんて恥ずかしい単語は使いませんけどね(笑)。


MUSE武道館のプレ・オーダー、とっくに始まってました。というか、26日(月)まででした。
急いで申し込み。あいかわらず綱渡りな私。
  1. 2009/10/23(金) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

第3回ロンドン・ミーティング

20091004120920.jpg

おおざっぱなスケジュールを決めようと、友人と有楽町で待ち合わせ。
新しく出来た丸の内BRICK SQUAREに行ってみる~?と向かうも、どこも人でいっぱいだしお店もピンと来なかったのでさっさか撤収。結局丸の内勤務時代によく行ってたディーン&デルーカへ。日曜なのにけっこう混んでるな~。

で、ロンドン日程。お互い好きなところ行ってご飯だけは一緒に食べようって最初は話してたんだけど、突き合わしてみたら目的地が案外一致してることが判明。ほとんど2人で回る感じになりました。私は紅茶、友人は美術系と主となる趣味は違うので、博物館内で別行動とかエリアの中で別行動とかはあるけど。今は携帯という便利なモノがあるからね、待ち合わせ出来るし。

そして私的メインともいえるホテルでのアフタヌーン・ティーは私の好きにして良いとのことなので、さっそく予約をしてみました。HPに予約フォームはないので、英文で直接メール!そしたら今日返信が来ていて、ばっちり予約取れました。通じてよかった~(笑)(もちろんお手本にしたサイトがあるんだけど)。

それにしてもほんっと便利な世の中だよね。前回ロンドンに行った・・・16年?17年前?はHPだのe-mailだのなんて一般的には影も形もなく、もちろん携帯もなく。ガイドブックと本だけを頼りにドキドキしながら渡英したのに、いまやリアルタイムな情報が何でも手に入るんだものね。喋れなくても書くくらいなら何とかなるから、こうやって予約もできちゃうし。

色々具体的な準備も始めて、近づいてきたなーって感じ。あとは風邪ひかないよう、インフルエンザに掛からないよう気をつけてすごさないと。そして浮かれすぎないよう気をつけます(笑)。
  1. 2009/10/04(日) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

ひとりロンドン・ミーティング

londonbook.jpg

AmazonでMUSEの新譜をポチっと予約。ついでにロンドン関係の本2冊とコミック1冊頼んだら軽く5000円超えた・・・。図書館も良いんだけどやっぱり本は手元に置いて読みたかったりするので、本代は削れないところ。

インフルの動静は置いておいて、とりあえず行く気満々のロンドン。最近買ったものからむかーし買ったものまで、山のようにあるロンドン関連本を読み返してます。

写真は古い・・・といっても10年くらい前の本たち。

FIGAROは2001年の特集ですが、このときの「最新スポット」って今どうなんでしょうね(笑)。美食ガイドは、ガイドブックというより食の変化についての考察や人気シェフのインタビュー中心なので、今読んでも結構おもしろい。ここに載ってる「下町の人気ベーグル屋」があるBrick Laneはいまやトレンドスポットらしく、このベーグル屋さんあちこちのサイトで紹介されてます。行きたいです(笑)。

「ディープなロンドン」は、私が超リスペクトしてるフランク・チキンズのホーキ・カズコさん監修によるマニアック・ロンドンガイド。これも今となっては情報は古いかもしれないけれど、旅行者とか、アカデミックな仕事をしてる人とはまったく違う視点ですごく楽しい。「ロンドンでコンサートをやるには」なんていう項があったりね。

ああ、早く行きたいなあ。無事行けるといいなあ。
その前に英語勉強しなきゃ・・・。
  1. 2009/09/11(金) 23:59:59|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。