パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

疲れたときは水場へGo!

tama_1.jpg 多摩川浅間神社から。

疲れた…。

久々の更新でいきなり何ですが(苦笑)。いやほんっとに疲れてます。毎日いそがしすぎる。1月でこれじゃあ3月はどうなるのか心配。

そうは言っても休日出勤があるわけじゃないので土日は休養。先週末は久々に湧水めぐりをしてきました。寒いから遠出はせず、多摩川近辺で。まずは自由が丘で中華ランチを食べた後、多摩川駅へ。駅すぐ横の「多摩川園ラケットクラブ跡地」へ。現在は「せせらぎ公園」という名称。公園は広くて滝があったりカモがいたりでよかったけど、肝心の湧水はいまいち・・・。しかも二つあるはずなのにひとつは見つからず。ちょい肩透かし。

その後は電車に乗って移動の予定が、ここからなら歩けるかもーと、地図もなく番地を頼りに田園調布の街を歩きます。岡本とか成城とか高級住宅地をしょっちゅう散歩してる私たち、不審者としてマークされてないか心配です(笑)。

で、なんとか行き着いたのは「田園調布本町緑地六郷用水」「六郷用水沿い洗い場跡」。
tama_2.jpg

うーん、街並は素敵だけど、湧水としては微妙。やっぱり成城緑地のような「染み出る感」は中々ないなあ。

六郷用水の横を通ってまた多摩川駅まで戻り、近くの浅間神社へ。東横線に乗ってると見える神社で、ずっと気になっていたのです。けっこうな階段を上がっていくのでキツかった!けどものすごく見晴らしが良い~。お正月とか混むんだろうなあ。暖かくなったらもう一回いきたいな。麓になぜかFISH&CHIPSのお店があったのが気になります(笑)。

その後は多摩川を渡って武蔵小杉まで歩きました。いったい何時間歩いたんだろう(笑)。湧水めぐりは体力勝負です。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

東京名湧水

最近ライブ関連記事にはコメントを開けてるんですが、昨夜はまったく予期してなかったコメントをいただいてとても嬉しかったですー(認証制にしてるので反映遅くなってごめんなさい)。

さて、約2週間延々ライブのことを書き続けてきたのでちょっと小休止(笑)。
今日の祝日はあいにくの天気でしたが、前から行きたかった永福町の「大宮八幡宮」へお参りしてきました。
omiya_1.jpg

応神天皇が主祭神のたいそう由緒ある神社らしいですが、私の目的はこちら。

omiya_2.jpg

境内のご神水。はい、いまだ「湧水めぐり」は続いているんです(笑)。
omiya_3.jpg

といってもこちらは汲み上げ。以前はこんこんと湧き出ていたらしいですが、水脈が細くなってこういう形になったそう。汲める時間も決まっていて、ポリバケツ等でのくみ出しは禁止と注意書きが。私は500mlペットボトルに1本だけいただいてきましたが、前の人は2リットルボトルに4本入れてました…実は人気?

ちなみに「東京の名湧水57選」によると、このお社の横を流れる善福川下流に湧水があるんですね。そこまでは場所わからず、とりあえず川の写真を。
omiya_4.jpg

この「名湧水」すべてを訪れるのが目標ですが、神津島とかは無理だろうなあ(笑)。
これまで行った湧水ポイントは以下。
2009/05/09 明治神宮 清正井
2009/05/04 等々力渓谷
2009/05/04 成城緑地・喜多見不動 ←ここはこの後何回も行ってます。お気に入り。

ところで今週の週刊文春記事によると、清正井(きよまさのいど)って今パワースポットとして大人気らしく、4時間待ちとかなんとか(見るのに?)。うーん、たしかに清々しい場所だと思うし、そこで何かしら得るものは人によってはあるかもしれないけど、だからといって並んでまでというのは…よくわかんない。まあ私の湧水巡りも一種ヒーリングなので人のこと言えないか(苦笑)。『最近湧き水にハマってて~』と話すと、たいてい「はぁ?」と返されます…(涙)。
  1. 2010/02/11(木) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(明治神宮編)

meiji_1.jpg

まだまだ続く~都内湧水巡り~。
って最近毎日Blogのトーンが違いますが、単なる気分なので気にしないでください(笑)。

はい、そんなわけで湧水です。今日は国分寺崖線ではありません。
確か明治神宮に井戸みたいのがあったな~子供の頃と学生時代に行ったな~と思い出し、調べてみたら「清正井(きよまさのいど)」だと判明。お参りも出来るしいいやねーと、10年以上ぶりに行ってみました。名前の由来や水源については明治神宮のHPでどーぞ(笑)。

参道や本殿はもちろん無料なんだけど、この井がある御苑に入るには拝観料500円が必要です。高いなあ(苦笑)。南池は菖蒲が有名なので見ごろは6月、つづじも終わってるしであいかわらずのジャスト・シーズン・オフ(笑)。が、結構な人がいる・・・(この理由は後で判明)。

入り口で拝観料を払うと、都心とは思えないうっそうと茂る緑の中をひたすら歩きます。井戸はいちばん奥なのね。実は私、学生時代にここに来たとき、道を横切る白い蛇を見たことがあります。そのときは「蛇!?」と驚いて終わりだったけど、こんな神域で白い蛇って・・・もしかしてすごく貴重なものを見たのかも、と今更ながら思ったり。

さてさて、結構歩いて到着した「清正井」。丸い桶のように囲われた中の、向こう側に見えるまるい穴から湧出してます。ちなみにここには「都合により飲用できません」という看板があり、都合ってのはよくわからないけど(笑)、飲んではいけないよう。

石に乗って水の表面に手をつけると、確かに水が湧き出てるのがわかって不思議な感じ・・・。水はひんやり冷たいです。
meiji_2.jpg

かなりの水量が小川のように流れていってる。
meiji_3.jpg

静かですごく気持ちの良い場所なんだけれど、後から後から人がやってきて、写真撮ったりペットボトルに水を汲んだりしていくので、あまりぼーっと眺めてはいられず。ずーっとここにいたいくらいだったんだけど(笑)。

それにしても、前来たときは閑散としていたのに、なんでこんな人気なんだろ?しかも若い女性がやたら多い・・・女の子が好んで来るような場所じゃないのに・・・と不思議に思って帰宅してから調べたら、ここっていまや都内有数のパワースポットとして有名なのね。びっくり。某有名タレント・ブロガーが紹介したことで広まったみたい。そうだったのかー。

うーん。どうなんだろなー。確かに不思議な気持ちがする場所ではあるけど、それは緑の多さによるヒーリング効果って感じもするしそんな強烈な気は私には感じられなかったけど・・・単に鈍感なだけ?(笑)。

御苑には他にも昭憲皇太后が釣りをされたという(本当に!?)南池があり、大きな鯉がたくさん。
そして可愛いカメもたくさん。←カメ好き。
カメが泳いでる姿って超ラブリー。
meiji_4.jpg

次はどこの湧水に行こうかなー。こんなサイトも見つけてしまい、しばらく私の湧水巡りは続きそうです(笑)。
  1. 2009/05/09(土) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(等々力渓谷編)

突如「湧水」にハマッた私。
さっそく次のスポット『等々力渓谷』へ行ってきました。
(単に「タモリ倶楽部」ロケハン巡りじゃん?と突っ込まないように)。

東急大井町線等々力駅から歩いて1分程度のところに、突如として現れる渓谷。
keikoku_1.jpg

水はやや淀んでいるものの、緑鮮やかで気持ち良いです。
が、通路は狭く濡れていて、すぐ後ろを人が途切れることなく歩いているので、ちょっとでも足を止めたらぶつかって落ちかねない・・・
ので、足元ばかり見て歩いてました。スニーカーで行ってよかった。

少し進むと通路が広くなり、景色を眺める余裕も。
keikoku_2.jpg

湧水です!
keikoku_3.jpg

奥にある不動の滝。これも湧水。関東36不動霊場のひとつで、今でも修験者が滝に打たれて修行するとかしないとか。
keikoku_4.jpg

滝の上にある不動明王像。ズームで撮影。
keikoku_5.jpg

渓谷そのものは短くて、あっという間に終わってしまいちょっと拍子抜け。
気持ちは良いけど人が多いし、あまりのんびりは出来ない感じ。
お弁当を広げるスペースも少なく、日本庭園奥にある芝生広場で食べました(そしてここもたくさんの人が)。
GWだから賑わっているのかな?いつもこうなのかな?もっとゆっくり、自分のペースで歩けるくらいの人出ならもう一度行ってみたいけど・・・。

環八の橋上から見た渓谷。道路の下にこんな景色が広がってるとは想像できないところがいいね。
keikoku_7.jpg

おまけ。二子玉川で降りて多摩川べりへ。
このあたり、台風や大雨で増水すると駅ホームからも濁流が見えるくらいなのに、普段はこんな穏やか。
しかし二子玉、マンション建てすぎじゃないだろか。
keikoku_6.jpg
  1. 2009/05/04(月) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(成城緑地編)

gs_3.jpg

いきなりデカイ写真ですみません。
連休2日目は「国分寺崖線」を歩いてきました。
と聞いてピンと来る方は地理マニアかもしくは・・・金曜夜にテレビ朝日を観てますね?(にやり)。

はい、私は後者。”毎度お馴染流浪の番組”『タモリ倶楽部』が大好き。
2月くらいかな?「桃・栗3年、崖10万年 国分寺崖線を行く」というテーマを放送してまして・・・こんなのが世田谷にあるの?行きたーい!と機会を狙ってたんですね。そんなわけで好天続きのGW、決行です。

録画はしてなかったので、HPをいくつか調べて大体の場所を把握。どうやら放送したのは「成城三丁目緑地」と「等々力渓谷」ということが判明。まずは割りと近くの成城から行くことに。地図はこちらを参考にしました。とりあえずこの「世田谷トラストビジターセンター」が目標かな。

小田急線成城学園前駅を降りて、駅前の通りを少し行くと、あっという間にお屋敷街。普段まったく縁のない豪邸が整然と並んで、格差社会を実感します(笑)。こんなところに住みたいなあ・・・。

適当なところで左折してどんどん歩き、突き当たったところで右折すると急に緑が多くなり、立ち並ぶ家も少し古め?(でも豪邸、ベンツだらけ)。すると突然!緑にあふれた敷地が。

gs_1.jpg

でもここは特に何も無く、もうすこし歩くと家と家の間に通路があり、「成城4丁目緑地」発見。崖っすなー(写ってるのはオット)。
gs_2.jpg

階段を降りていくとそこにも緑地が広がり、トップに置いた写真の看板がありました。で、そのあたりで地図を持ってうろうろしてると、上品なおじさま2人が「どこかお探しですか?」と声をかけてくれた・・・さすが成城の紳士は違うな~と庶民は感動(笑)。トラストセンターを探してるというと、すぐそこですよーと教えてくれたのでちょっと歩くと発見!目の前は「野川」が!ここ、ほんとに都内世田谷??

gs_4.jpg

川の向こうは喜多見。
gs_5.jpg

あー、でも雑誌「散歩の達人」成城特集によれば、このへんは元々はかなりのどかな土地だったみたいだから、この景色が原点なのかな。
ちなみにトラストセンターは、まあ普通に区の施設って感じで(笑)特にどうということもなく。トイレがあるのでここで休憩もいいかも。ちょうどお昼時だったので、私たちは橋を渡って喜多見側に行き、「きたみふれあい広場」でお昼ごはん。外歩きには手作りおにぎり持参が我が家の基本です(笑)。

一休みしたところで歩き開始。またまた成城側に戻りてくてく歩いていくと・・・左側に喜多見不動堂が。あれ?ここは喜多見なの?よくわからん・・・まあいいや(笑)。この滝は湧き水だそう。この上に不動堂があります。
gs_7.jpg
滝をぼーっと眺めてると・・・え?すぐそこにいるのは・・・カメ?
gs_6.jpg
全長20cmくらいのカメが甲羅干ししてました。可愛い・・・。

カメと滝を堪能したところで歩き開始。ここからはちょっと遠くて、どこに向かってるのか正直判らなくなってましたが(笑)、ぼーっと歩いているうちに目当ての「成城3丁目緑地」に到着しました。遠かったなー。

ここには番組でも紹介していた湧水地があります。
gs_9.jpg

奥にはいけないんだけど・・・実は私が惹かれていたのは、崖線ではなくこの湧水。なんだろ?「水が湧き出る場所」にすごく引き付けられるのです。ここでずーっと眺めていたい・・・・。1人だったら間違いなく何時間でもいましたね(笑)。←オンナ1人じゃ危ないってば。

この水が自然に出てるって不思議・・・。
gs_8.jpg

が、湧水にはあまり興味なさげなオットに急かされて上へ。結構な斜面・・・崖っすなー(笑)。
ここにはもひとつ湧水があります。
gs_10.jpg
全然見えない・・・水音は聞えてるんだけど。私は最初の滲みだしてるのがはっきり判る方が好きだなあ。水音もわるくないけど。

というわけで成城緑地めぐりは終わり。崖を登ると住宅地(お屋敷街とはちょっと違う)、成城駅まで歩いて、途中でちょっと美味しげなケーキ屋さんでクロワッサンなど買って、スタバで一休みして本日のミッション終了(笑)。

んー、休憩入れて2、3時間歩いたかなあ?駅前にはしょっちゅう来てる成城にこんな楽しい場所があるなんて不覚。川も崖も良いけど、やっぱり私は湧水が好きです(笑)。ちょっと目覚めちゃったわ。関東近辺湧水めぐりをしたいかも(笑)。

というわけで次回は「等々力渓谷」へ行きます。続くっ(←続くのかっ)。
  1. 2009/05/03(日) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。