パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぶっつけ本番イタリアン

うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理
(2009/04/11)
タエコ フォルトゥナーティ

商品詳細を見る


明日、久しぶりにお客様が来ます。といっても私の友人たちですが(笑)。
いやー、我が家ってほんっと客が来ないうちなんですよ。
今のマンションに越してきて以来、来客があったのって10本の指でお釣りがくるくらい(笑)。
まあ2人とも友人が少ないから、呼ぼうにも呼べないって感じ?ってなんかこう書くと寂しい家だなあ(苦笑)。

とはいえ私の友人は数回来てるんだけど、ここ1、2年で急に会うようになった友人をまだお招きしてないので、うちに集まろうか?ということになったのでした。ちなみに先週もほぼ同じメンバーで別の友人宅に集まってました。ヒマな女たちです(笑)。

で、お招きならやっぱりおもてなししなくちゃーと、現在張り切って準備中。
デザートは、先週作ってもっていったら大好評で、「来週もこれにして!」と懇願されたバナナ・カスタード・ロールケーキ。なんてこたない、生クリーム入りカスタードとバナナでつくったロールケーキですが、マジ美味しかったー(笑)。←自画自賛。

料理はねー、私、それほど得意ではないので・・・。とりあえずイタリアンで攻めようってことで、よく作ってるピザ。台はホームベーカリーが美味しく作ってくれるし(笑)。あとは先日買ったイタリア料理の本から、ナスとトマトのソースであえたパスタと、「アボカドとえびととモッツアレラチーズのサラダ」。両方ともぶっつけ本番。だいじょぶなのかー?

ちなみにこの本、ただいま料理系ブロガーさんの間で大人気らしく、あちこちのブログで美味しそうな「作りました」報告が載ってて、みんな料理上手でいいなーと(笑)。もちろん本家、作者の方のBlogはためいきが出るほど美しくも美味しそうな料理写真がいっぱい。

私もがんばります(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

"かねまつ市”という名の、オンナの戦場

kanematsu.jpg

半期に1回、有楽町交通会館で開催される「かねまつ」のバーゲンへ行ってきました。
通勤用の靴は大体このバーゲンでまかなってます。
すごく安くなってるというわけではないんだけど、靴がバーンッと並んでるとなんかこう、スイッチ入っちゃうというか、戦闘モードになるというか(笑)。

会場は99%近隣OLって感じで、まさに女の戦場。あー、でも今回はちょっと人数少なかったかなあ。お会計も空いてたし。やっぱり不況の影響?

で、私は2足購入。左のパンプスはヒール8cm。自分史上最大の高さかも。
でも”かねまつ”の靴ってすごく歩きやすいの。ずっと愛用してるパンプスは5cmだけど、ちょっと長く歩く買い物にわざわざそれを履いていくくらい。今回、ちょっとかかとがゆるいんで直してもらいました。その場で中敷はがして調整しちゃう職人技に感動。いい感じです。

今年はビルケンのサンダルも買っちゃったし、もう靴は打ち止めだなー。
そそ、私の靴が玄関にずらっーと並んでいて、「イメルダか!」と突っ込まれました。あ、古い話題っすねー(苦笑)。
や、片付けましたよ。すこしだけ(だって靴箱にしまっちゃうと朝時間かかるんだもん)。
  1. 2009/05/29(金) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

言葉にならない

月並みな言葉だけれど、ショックでした。そうとしか言いようが無いです。
”著名人の訃報”というだけではないショックを、初めて味わいました。
つい先日、読売新聞にインタビュー記事が載っていて、その記事で闘病してると知っていたけれど、まさかこんなに早く。早すぎます。

辛くて苦しかった10代前半、私を支え救ってくれたのは、音楽と栗本氏の本でした。
私の土台や外側を作ったのが両親なら、中身を作ったのは栗本氏だったと言っても過言ではないです。
彼女の作品が無ければ、間違いなく今の私はいないです。

グイン・サーガは高校時代に20巻くらいまで一気に読んで、その後はどこまで読んだのかな。
大人になってからは中々読む時間がなく、老後に最終巻まで読もうと決めてました。私がリタイアする頃にはぜったい終わってると信じていたから。

これから、持っている本をすべて読み返します。
10代の頃の迷いや、孤独や、寂しさも思い出しながら。それでも大人になれたのは、貴方のおかげだと思いながら。


心からご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2009/05/27(水) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

聴く前から

おすすめ!
なんて間違ってる?

でも全力でお勧めしたい。
というかむしろ、全力で自分が聴きたい。
そんなアルバム。

でも決して悲壮な気持ちで向かうワケではないと思うんだな。
それはセルフ・ライナーノーツからも伝わってくる。
聴く前から読んじゃうのも何だけど、すごく共感するなー。
「ワン・アンド・オンリー」のこととか(笑)。←そこかい。いや私も”草食系”って理解できないからさ(笑)。
ともあれ、早く聴きたいです。忘れずに発売日に買いにいくぞー!

ちなみに私も先週、乳ガンと子宮ガンの検診受けてきました(初めてじゃないけど)。
その話はまた後日。

K(初回限定盤)(DVD付)K(初回限定盤)(DVD付)
(2009/05/27)
川村カオリ

商品詳細を見る


  1. 2009/05/26(火) 00:00:00|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

週末はさくっとお出掛け

ss09.jpg

サマソニ・チケット。
23日(土)HMV渋谷店頭での特別販売で購入しました。
1日目はRブロック・2日目はLブロック(Briの立ち位置はどっちだっけ?)。
しかし、にまんきゅうせんえん現金払いはキツかった~(笑)。

でもってチケット1枚で1回引ける抽選会。
2回引いたら・・・2回とも写真のステッカー。いらない・・・。
PLCEBOのグッズ欲しかったよー。

とりあえずチケット買えて一安心したところでランチ。
広尾でしょっちゅう行ってる”サムラート”の渋谷店
私はたいてい”マッシュルームとほうれん草””バターチキン”の組み合わせ。

curry0905.jpg

ナンが大きすぎてフレームに収まりません(笑)。
これにサラダと飲み物(今日はマンゴーラッシー)で980円。やすっ。しかもナンは食べ放題。
でも1枚でお腹いっぱい・・・。

これで用事も終わったので、さっさか帰宅した私(オットは東京競馬場へ行った)。
プレオーダーのシステム料とか送料とかもったいなくて直買いにいったんだけど、
ランチ代を考えるとお得だったかは微妙。
まあいいか、美味しかったから(笑)。
  1. 2009/05/25(月) 23:59:59|
  2. 美味しいもの食べた
  3. | トラックバック:0

今年も2Days夏の陣

そろそろチケット発売も始まるサマソニ。
第9弾アーティストまで発表になりました。→こちら

アンナちゃんが出るー!
LADY GAGAが1日目になったー!
BOOM BOOM SATELLITESとKASABIANとMEWも1日目。いいねいいねー。

2日目はPLACEBO、HOOBASTANK、LINKIN PARK、MANDO DIAO。
(しかしPLACEBOがマリンスタジアムってどうなの?)

で、3日目・・・うーん。やっぱり特にこれというバンドがいない。
しいていえばユニコーン?LIMP BIZKIT ?KEANE?
行けば楽しいとは思うけど・・・3日目はやめとこ。高いしね(笑)。

しかしあれだなー。インフルが心配だなー。
暑くなれば鎮静化するかもしれないけど、何十万っていう若者(私は違います)が集まるんだものね。

とはいえ楽しみ。まずはチケットだ。
明日から色々チケ取り、プレオーダー等始まる私。夏の陣!って感じね。

とりあえず、チケット取れたので7月は仙台に楽天戦を観に来ます(笑)。
あ、でもこのせいでリリカルの7月ライブが微妙なことに。下の記事では「20時以降なら・・」とか書いたけど、
よく考えたらそれでも無理かも。21時くらいならいける?(笑)。
まああまり無茶はしないつもりだけど、出来れば参加したいなあ・・・。
  1. 2009/05/22(金) 23:59:59|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

ライブは嬉しい・・・けど。

Lyrical Call 、6月14日(日)に続いて7月5日(日)にもライブ。
同じく池袋 手刀です。

うー、この日、東北方面に旅行の予定が・・・。
帰宅日だから出演時間によっては行けるけど、微妙だなー。
別に全通にこだわるつもりはないけど、滅多にライブがないから(笑)出来るだけ行きたいんだけどな。
出演20時以降ならなんとかなるかも。祈ります(笑)。

そういえば最近、「Lyrical Call」での検索が増加傾向で嬉しかったり。
メンバーのBlogが更新されるのもまた嬉し。ライブ同様少なすぎー。と、言ってみる(笑)。
  1. 2009/05/18(月) 18:00:00|
  2. Lyrical Call
  3. | トラックバック:0

まわしもの

昨日のエントリーから続きます(笑)。
サントリーローヤルのCMをYouTubeで見まくってたら止まらなくなってしまいました。色々Upされてるなー。
ガウディ編と同じゴールデンバーグの音楽を使ってる「ランボー編」。ランボーいうてもシルヴェスタ・スタローンではなく、詩人のランボーです(笑)。
これね、映像もだけど、ナレーションというかコピーがまたいいんだよね。

その詩人は 底知れぬ渇きを抱えて 放浪を繰り返した
限りない無邪気さから生まれた詩(うた)
世界中の詩人達が青ざめたその頃、彼は砂漠の商人
詩なんかよりうまい酒を などとおっしゃる
(永遠の詩人)ランボオ。
あんな男、ちょっといない。

サントリーHPから

ううう、すごいなー。今のCMでこんなのまずお目にかかれないよ。
ちょっと調べたら、これは長沢岳夫という方のコピーなのね。名コピーとして有名のようです。



そしてこんなものも発掘。DURAN DURAN「The Reflex」使用のCM。これ見たことない!いつ放映してたんだろう~。



  1. 2009/05/18(月) 17:00:00|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

幻想幻惑

今日も古い話をひとつ(笑)。

音楽のネット配信や携帯小説には反発してる私も、YouTubeには傾倒してます。
映像を作ってるほうからしたら、勝手にWEBに流されて全世界で見放題なのは困ったことだろうと思いつつも、血眼でPV放映リストをチェックしなくても見たいビデオが見れるのは便利だよなあと、ついつい検索してしまう私。
しかしそれより何より、むかーしの、一般家庭にビデオデッキなんか無かった頃の映像が見られるのが一番嬉しいことかも。

今日とつぜん思い出して、あーあれ聴きたいなあと思ったのが、兄貴が持っていたマーク・ゴールデンバーグの「鞄を持った男」というアルバム。それはそれは不思議な世界を醸し出しているインストゥルメンタル作品で、もう十年以上聴いてないけれど、1曲だけはクリアに思い出せる。それがサントリーのCMで使われていた曲「オルフェ」。

私と同年代以上の人なら覚えていると思うけれど、20年以上前(正確には1984年。サントリーのHPに記載あり)、スペインを舞台にガウディ作品の中で仮面を被った女の人が踊る、幻想的で子供心にはちょっとコワイような、サントリーローヤルのCMがあったのです。私はこのCMで「ガウディ」という名前を知ったと思う・・・。というか、この時代、たぶんほとんどの普通の日本人はガウディなんて知らなかったんじゃないかな。

映像も音楽も本当に好きで、放送からかなり経ってから兄がゴールデンバーグのレコード(←CDではないです)を買ったときは、兄貴GJ!って感じで(笑)。CMとはちょっと違うんだけれど、それでも何度も聴いて、耳コピーでピアノ譜を自分で起こしたくらい好きでしたね。

で、そんなはっきりと覚えてるほど印象的なCM、YouTubeで探したらありました!素晴らしい!
うーん、今見てもホントに素敵。こんなCM、もう作れないんだろうな・・・。予算的にも、クリエイティブな面でもね。YouTubeさまさま、投稿した方に感謝だわ~。


  1. 2009/05/17(日) 23:59:59|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

カフェインレス

あいかわらずダルい状態でやっと週末。今日は家でボケボケしてます。
しかし昨日は送別会だったので、体調わるーと言いつつ宴席へ。
ビール2杯・焼酎ソバ茶割り・ライチオレンジ。結構飲んでるね(苦笑)。

送別会では10歳下のワカモノとの歌謡曲認知の差に驚き。
作曲家の三木たかしさんがお亡くなりになったけれど、「黛ジュンって三木たかしの妹なんだってねー」という話題にワカモノ、 「マユズミジュンって誰ですか?」
・・・・。
私なんて、黛ジュンのヒット曲ってなんだっけ?という先輩の問いに「”天使の誘惑”じゃないですか」と即答してるのに(←しかも正解だ)。や、私もどんな曲かまでは覚えてないけどね(笑)。
ちなみにこの後輩はラッツ&スターも知らなかった・・・(もちろん”シャネルズ”もだ!)。
まあねー、いまやホテイとヒムロが同じバンドだったってことすら知らない子もいるんだもんね・・・(遠い目)。


うー。しかしそんなことはともかく、ほんとに不調。
すごくツライとかではないんだけど、なんとなく気持ちが悪い感じ。ってそんな状態で飲みにいくなよ(笑)。
動悸がするし階段上がると息切れするし、やっぱり貧血かなー。
でも私の貧血は、献血が出来るヘモグロビン値には足りないけど、治療するほどではないっていう微妙なとこなんだよね。
とりあえずコーヒーを控えよう・・・。
  1. 2009/05/16(土) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

不調ウィーク

oi0509_2.jpg

疲れが溜まっているのか、貧血なのか、年齢のせいか(涙)、体調がいまひとつ。
今日は起きて朝ごはんまで食べたものの、動く気力が出ずダウン、
仕事があったので午後は出社したけど、午前中2時間くらいばたーっと眠ってました。
単なる寝不足かなあ。
いや遊びすぎか?

日曜は大井競馬に連れていかれ行きました。
指定席を取ったので多少は楽だったけど・・・疲れたー。
JRAとのコラボ・イベントがあるというんで、ターフィー君も出張。
うまたせ、うまたせーぬ、ターフィー君と記念撮影はお約束。

「銀だこ」もお約束。
テーブルに置いたタコ焼きをどうしたらこんなピンぼけに撮れるのか、自分で自分が不思議・・・。
oi0509_1.jpg
  1. 2009/05/13(水) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(明治神宮編)

meiji_1.jpg

まだまだ続く~都内湧水巡り~。
って最近毎日Blogのトーンが違いますが、単なる気分なので気にしないでください(笑)。

はい、そんなわけで湧水です。今日は国分寺崖線ではありません。
確か明治神宮に井戸みたいのがあったな~子供の頃と学生時代に行ったな~と思い出し、調べてみたら「清正井(きよまさのいど)」だと判明。お参りも出来るしいいやねーと、10年以上ぶりに行ってみました。名前の由来や水源については明治神宮のHPでどーぞ(笑)。

参道や本殿はもちろん無料なんだけど、この井がある御苑に入るには拝観料500円が必要です。高いなあ(苦笑)。南池は菖蒲が有名なので見ごろは6月、つづじも終わってるしであいかわらずのジャスト・シーズン・オフ(笑)。が、結構な人がいる・・・(この理由は後で判明)。

入り口で拝観料を払うと、都心とは思えないうっそうと茂る緑の中をひたすら歩きます。井戸はいちばん奥なのね。実は私、学生時代にここに来たとき、道を横切る白い蛇を見たことがあります。そのときは「蛇!?」と驚いて終わりだったけど、こんな神域で白い蛇って・・・もしかしてすごく貴重なものを見たのかも、と今更ながら思ったり。

さてさて、結構歩いて到着した「清正井」。丸い桶のように囲われた中の、向こう側に見えるまるい穴から湧出してます。ちなみにここには「都合により飲用できません」という看板があり、都合ってのはよくわからないけど(笑)、飲んではいけないよう。

石に乗って水の表面に手をつけると、確かに水が湧き出てるのがわかって不思議な感じ・・・。水はひんやり冷たいです。
meiji_2.jpg

かなりの水量が小川のように流れていってる。
meiji_3.jpg

静かですごく気持ちの良い場所なんだけれど、後から後から人がやってきて、写真撮ったりペットボトルに水を汲んだりしていくので、あまりぼーっと眺めてはいられず。ずーっとここにいたいくらいだったんだけど(笑)。

それにしても、前来たときは閑散としていたのに、なんでこんな人気なんだろ?しかも若い女性がやたら多い・・・女の子が好んで来るような場所じゃないのに・・・と不思議に思って帰宅してから調べたら、ここっていまや都内有数のパワースポットとして有名なのね。びっくり。某有名タレント・ブロガーが紹介したことで広まったみたい。そうだったのかー。

うーん。どうなんだろなー。確かに不思議な気持ちがする場所ではあるけど、それは緑の多さによるヒーリング効果って感じもするしそんな強烈な気は私には感じられなかったけど・・・単に鈍感なだけ?(笑)。

御苑には他にも昭憲皇太后が釣りをされたという(本当に!?)南池があり、大きな鯉がたくさん。
そして可愛いカメもたくさん。←カメ好き。
カメが泳いでる姿って超ラブリー。
meiji_4.jpg

次はどこの湧水に行こうかなー。こんなサイトも見つけてしまい、しばらく私の湧水巡りは続きそうです(笑)。
  1. 2009/05/09(土) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

思考モード

帰りの電車で、人波の向こうに一瞬見えた虹。
見間違い?と思ったけど、あちこちのBlogに画像が載ってて、やっぱり虹だったんだね。見れただけでちょっと嬉しい。

***
今のMP3の中身。この順番で入ってる。
・MUSE "Black Holes and Revelations"
・Funeral for a Friend "TALES DON'T TELL THEMSELVES ""MEMORY AND HUMANITY "
・GrimLopEar29Q 音源すべて
・Julian Drive "My Coming Day"
・NEVER LAND 音源すべて
・Red Hot Chili Peppers "Stadium Arcadium"
・川村カオリ "バタフライ””Miss You"
・河村柚花 ”Unknown”

容量いっぱいいっぱいって感じ(笑)。

邦楽が偏ってるのは、”日本語の歌が聴きたい”ではなく”ネバランが聴きたい””Grimが聴きたい”のどちらかしかないから。
(今は川村カオリさんの声に浸りたいので入れてるし、昨年はヒムロが入ってたので例外もアリ)

洋楽は時々入れ替えても、ネバランとGrimを削除することはなく、いつでも聴けるようにしてる。
ホントにホントに、私にとって特別なバンドなんだなーって実感する。
そして以前みたいに、聴いては色々思い出して、自分のどうしようもない感情や周りの思惑や、傷つけたり傷つけられたりの大人気ない言動の記憶まで引きずりだされるようなことは減ってきた気がする。
感情や記憶は堆積していて決してなくなってはいないけれど、時間とともに沈んでいって、表面に浮かんだ上澄みだけに触れるようになってるのかな。

沈んでいるモノも、大切な記憶ではあっても。
  1. 2009/05/08(金) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

今さらのチリ・ペッパーズ

Stadium ArcadiumStadium Arcadium
(2006/05/09)
Red Hot Chili Peppers

商品詳細を見る

あれ、いつの間にFC2ブログでAmazonのアフィが出来るようになったんだろ。
(私の懐には一銭も入らないのでクリックはしなくてもいーです・笑)

アフィリエイトはともかく、画像付きで音源紹介が出来るのはいいやね。
って↑は紹介も何もないほど前の大ヒットアルバムですが、最近、自分の中にレッチリ・ブームが再び来てまして(笑)。
家にあるCDやらPVやら流しまくってます。かっこいーよー。


ところで・・・家のマンションの階下には小さな子がいて、すっごい音が響くのね。
最近は少し大きくなったのでそうでもないんだけど、以前は相当なもので。
私は音に敏感なタチなので、ムキーっ!となることも多かったんだけど、このレッチリのビデオを見て、
『階下でレッチリが暴れてる・・・』と考えるようになったらあまり気にならなくなりました。ほんとよ。(笑)。
まあ同じマンションでこんな人たちがマジで暴れてたら通報するけどさ(笑)。


  1. 2009/05/07(木) 23:59:59|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

異国情緒

iwasaki_1.jpg

上野池之端にある「旧岩崎邸庭園」へ行ってきました。
英国人建築家ジョサイア・コンドル設計。三菱財閥3代目社長岩崎久弥氏の本邸で、明治29年に竣工された西洋館です。

私、明治後期~昭和初期の建築・文化がすごく好きで。
(ってこの括りはちょっと大雑把すぎ?苦笑)。
岩崎邸は前から行きたかったんだけど、先日、テレビ東京「美の巨人たち」で取り上げていて、
それがもう実に面白く興味深かったので、今日の予定が変わったこともあり、良い機会だと訪問です。

入場料400円を払うと、入り口で靴を脱ぎます。土足厳禁、柄の長い傘は持ち込み禁止、館内の撮影はOKですが写生は禁止、柱等すべてのものに触れること厳禁という徹底した管理。

大階段。手すりの1本1本が美しいです。
iwasaki_5.jpg

ところで私は知らなかったんですが、この館、木造なのね。
西洋館といえばレンガ造りと思っていた私は、「美の巨人たち」で知ってびっくり。
それでよく現存されてるなーと思うけれど、日本の風土を熟知していたコンドルによって耐震設計がなされていて、関東大震災にもビクともしなかったとか。

2階バルコニー。
iwasaki_2.jpg

1階広間の天井。
iwasaki_3.jpg

1階バルコニーのタイル。これはミントン社製のタイルだそう。
iwasaki_4.jpg

庭から見た景色。右側に小さく写ってるのはビリヤード場。左側には和館があります。
iwasaki_7.jpg

今はこの洋館と和館の一部しかないものの、往時は1万5000坪の敷地に20棟の建物があったとか。
昔のお金持ちは半端ないな(苦笑)。

ところで・・・今回訪問のワケは、単に西洋館というだけでなく、コンドルが設計というのも大きな理由。
実は、私の母校の本館校舎は同じコンドルの設計。ってこれ書くと学校バレバレだけれども(苦笑)。

左が岩崎邸。右が学校の本館(2008年11月撮影)。
iwasaki_6.jpgraph_1.jpg

竣工時期は違うとはいえ、やっぱり似てます。
私の西洋館好きは、この校舎を毎日見ていたことにもちょっとは関係するかな?
(とはいえ学生時代はそれほどありがたみを感じてなかったけど・・・)。

美しくも貴重な旧岩崎邸。来館者は多いですがお勧めです。
今度は晴れの日に行きたいな。
  1. 2009/05/05(火) 23:59:59|
  2. 旅行&お出掛け
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(等々力渓谷編)

突如「湧水」にハマッた私。
さっそく次のスポット『等々力渓谷』へ行ってきました。
(単に「タモリ倶楽部」ロケハン巡りじゃん?と突っ込まないように)。

東急大井町線等々力駅から歩いて1分程度のところに、突如として現れる渓谷。
keikoku_1.jpg

水はやや淀んでいるものの、緑鮮やかで気持ち良いです。
が、通路は狭く濡れていて、すぐ後ろを人が途切れることなく歩いているので、ちょっとでも足を止めたらぶつかって落ちかねない・・・
ので、足元ばかり見て歩いてました。スニーカーで行ってよかった。

少し進むと通路が広くなり、景色を眺める余裕も。
keikoku_2.jpg

湧水です!
keikoku_3.jpg

奥にある不動の滝。これも湧水。関東36不動霊場のひとつで、今でも修験者が滝に打たれて修行するとかしないとか。
keikoku_4.jpg

滝の上にある不動明王像。ズームで撮影。
keikoku_5.jpg

渓谷そのものは短くて、あっという間に終わってしまいちょっと拍子抜け。
気持ちは良いけど人が多いし、あまりのんびりは出来ない感じ。
お弁当を広げるスペースも少なく、日本庭園奥にある芝生広場で食べました(そしてここもたくさんの人が)。
GWだから賑わっているのかな?いつもこうなのかな?もっとゆっくり、自分のペースで歩けるくらいの人出ならもう一度行ってみたいけど・・・。

環八の橋上から見た渓谷。道路の下にこんな景色が広がってるとは想像できないところがいいね。
keikoku_7.jpg

おまけ。二子玉川で降りて多摩川べりへ。
このあたり、台風や大雨で増水すると駅ホームからも濁流が見えるくらいなのに、普段はこんな穏やか。
しかし二子玉、マンション建てすぎじゃないだろか。
keikoku_6.jpg
  1. 2009/05/04(月) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

湧水を探して(成城緑地編)

gs_3.jpg

いきなりデカイ写真ですみません。
連休2日目は「国分寺崖線」を歩いてきました。
と聞いてピンと来る方は地理マニアかもしくは・・・金曜夜にテレビ朝日を観てますね?(にやり)。

はい、私は後者。”毎度お馴染流浪の番組”『タモリ倶楽部』が大好き。
2月くらいかな?「桃・栗3年、崖10万年 国分寺崖線を行く」というテーマを放送してまして・・・こんなのが世田谷にあるの?行きたーい!と機会を狙ってたんですね。そんなわけで好天続きのGW、決行です。

録画はしてなかったので、HPをいくつか調べて大体の場所を把握。どうやら放送したのは「成城三丁目緑地」と「等々力渓谷」ということが判明。まずは割りと近くの成城から行くことに。地図はこちらを参考にしました。とりあえずこの「世田谷トラストビジターセンター」が目標かな。

小田急線成城学園前駅を降りて、駅前の通りを少し行くと、あっという間にお屋敷街。普段まったく縁のない豪邸が整然と並んで、格差社会を実感します(笑)。こんなところに住みたいなあ・・・。

適当なところで左折してどんどん歩き、突き当たったところで右折すると急に緑が多くなり、立ち並ぶ家も少し古め?(でも豪邸、ベンツだらけ)。すると突然!緑にあふれた敷地が。

gs_1.jpg

でもここは特に何も無く、もうすこし歩くと家と家の間に通路があり、「成城4丁目緑地」発見。崖っすなー(写ってるのはオット)。
gs_2.jpg

階段を降りていくとそこにも緑地が広がり、トップに置いた写真の看板がありました。で、そのあたりで地図を持ってうろうろしてると、上品なおじさま2人が「どこかお探しですか?」と声をかけてくれた・・・さすが成城の紳士は違うな~と庶民は感動(笑)。トラストセンターを探してるというと、すぐそこですよーと教えてくれたのでちょっと歩くと発見!目の前は「野川」が!ここ、ほんとに都内世田谷??

gs_4.jpg

川の向こうは喜多見。
gs_5.jpg

あー、でも雑誌「散歩の達人」成城特集によれば、このへんは元々はかなりのどかな土地だったみたいだから、この景色が原点なのかな。
ちなみにトラストセンターは、まあ普通に区の施設って感じで(笑)特にどうということもなく。トイレがあるのでここで休憩もいいかも。ちょうどお昼時だったので、私たちは橋を渡って喜多見側に行き、「きたみふれあい広場」でお昼ごはん。外歩きには手作りおにぎり持参が我が家の基本です(笑)。

一休みしたところで歩き開始。またまた成城側に戻りてくてく歩いていくと・・・左側に喜多見不動堂が。あれ?ここは喜多見なの?よくわからん・・・まあいいや(笑)。この滝は湧き水だそう。この上に不動堂があります。
gs_7.jpg
滝をぼーっと眺めてると・・・え?すぐそこにいるのは・・・カメ?
gs_6.jpg
全長20cmくらいのカメが甲羅干ししてました。可愛い・・・。

カメと滝を堪能したところで歩き開始。ここからはちょっと遠くて、どこに向かってるのか正直判らなくなってましたが(笑)、ぼーっと歩いているうちに目当ての「成城3丁目緑地」に到着しました。遠かったなー。

ここには番組でも紹介していた湧水地があります。
gs_9.jpg

奥にはいけないんだけど・・・実は私が惹かれていたのは、崖線ではなくこの湧水。なんだろ?「水が湧き出る場所」にすごく引き付けられるのです。ここでずーっと眺めていたい・・・・。1人だったら間違いなく何時間でもいましたね(笑)。←オンナ1人じゃ危ないってば。

この水が自然に出てるって不思議・・・。
gs_8.jpg

が、湧水にはあまり興味なさげなオットに急かされて上へ。結構な斜面・・・崖っすなー(笑)。
ここにはもひとつ湧水があります。
gs_10.jpg
全然見えない・・・水音は聞えてるんだけど。私は最初の滲みだしてるのがはっきり判る方が好きだなあ。水音もわるくないけど。

というわけで成城緑地めぐりは終わり。崖を登ると住宅地(お屋敷街とはちょっと違う)、成城駅まで歩いて、途中でちょっと美味しげなケーキ屋さんでクロワッサンなど買って、スタバで一休みして本日のミッション終了(笑)。

んー、休憩入れて2、3時間歩いたかなあ?駅前にはしょっちゅう来てる成城にこんな楽しい場所があるなんて不覚。川も崖も良いけど、やっぱり私は湧水が好きです(笑)。ちょっと目覚めちゃったわ。関東近辺湧水めぐりをしたいかも(笑)。

というわけで次回は「等々力渓谷」へ行きます。続くっ(←続くのかっ)。
  1. 2009/05/03(日) 23:59:59|
  2. 湧水めぐり
  3. | トラックバック:0

涙は出ずとも

八つ当たりと判っているけれど、訃報の度に思うのです。癌を完全に治す薬っていつ出来るのかと。

父が癌で他界したのは20年以上前、義母が亡くなったのは10年以上前。その間にどのくらい医学が進歩したのか…もちろんしているだろうし、現場は必死で取り組んでいるだろうし、実際に克服した人も知ってはいるけれど、それでも、それでもです。何故治すことが出来ないのか、なぜ何十年も同じ病で人が亡くなっていくのか…もどかしく思います。

身内でなくても、人の死は辛いです。ましてや物心ついた頃から世の中によく知られている人の死は。存在していて当たり前と思うこの感覚こそが、その人の才能なんでしょうか。


最高にカッコよくアナーキーなロック・ミュージシャンのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2009/05/02(土) 23:59:59|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

消えたキュウリの謎

GW初日です。
今日はオットは出勤で私1人なので何をしようか数日前からワクワク(笑)。
が、あれこれ考えても私がやりたいことって限られてるみたいで。なんだかんだで最終的にはこの2点に絞られます。

1.ひとりランチ
2.マンガ一気読み

寂しいオンナ・・・。いや、暗いヤツというべき?(苦笑)。いーの、好きなんだもん。

そんなわけで、今日はまず図書館に本を返却に行き、新宿に出てルミネの柿安三尺三寸箸で和食ビュッフェ(ほんとはマンゴツリーカフェの予定が満席で入れず)、紀伊国屋書店でコミック2冊と小説2冊を買って帰宅。

そしてその買った本たちを持って一人自宅で昼風呂!(お風呂で本やらマンガやら読むのは私の悪癖です)。半身浴体制で1時間以上浸かってました。もちろんお水も持ち込みで。ビバGW!(笑)。

でね、買った小説というのが、これがもう15年も続いてたシリーズの完結編で・・・。やっと最終巻が出て感無量っす。

15年ずっと読んでいたかといえばそういうわけではなく、途中でワケわからなくなったというか、作者がワケわからなくなってんじゃないの?っていう感じになってきて、前々巻で読むのを止めてたんです。が、今年に入ってから突然続きが気になりだし、続巻が1冊出てるらしいとわかったので買ったのですよ。が、まだ完結してない上に、奥付を見たら2005年・・・4年前!?それ以降出てないの!?と呆れかえったんですけどねー。その数ヶ月後に完結編が出版なんて、これはもうそういう縁なのだなと(笑)。

いやー、でもなんかいい終わり方だったなー。最後が駆け足過ぎる気もするし、あの話はどうなったんだろう・・・とか突っ込みどころはあるものの、個人的には満足な終わり方。これだけ引っ張られて「えー!?そりゃないだろー!?」ってならなくてよかったよかった。

ってすみません、これもう独り言レベルです。友人も誰も読んでないんだもの~。あまりにマニアックなのでここでもタイトルは言いませんが、判る人には判ると思うので、そういう方はニヤリと笑ってください。同じ穴のムジーナってことでね(笑)。ふふふ。

[消えたキュウリの謎]の続きを読む
  1. 2009/05/01(金) 23:59:59|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。