パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再燃

イギリス行きたい。
ロンドンでお茶したい。

そういえば2009年のロンドン旅行記、途中のまま放置してます(苦笑)。
アフタヌーンティーの写真もアップしてなかったので今更だけどちょこっと掲載。
The Athenaeum Hotel(アテナウム・ホテル)のアフタヌーンティー 2009年11月(5年前かっ)。
1ヶ月前にメール(英語がんばった)で予約する気合の入れようでしたが空いてました(笑)。
でもアテナウム・ホテルは2012年にトップ・ロンドン・アフタヌーンティー賞を受賞したらしい!!

あ~もう1回行きたいなあ・・・。
DSC01093.jpgDSC01099.jpgDSC01091.jpg
DSC01100.jpgDSC01103.jpgDSC01106.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 22:11:28|
  2. ロンドン2009
  3. | トラックバック:0

久しぶりの出店

明日25日、数年ぶりに品川のフリーマーケットに出店します。
ノーリーズやef-deの服などなど20点ほど持ち込みです。
真夏日だというから日焼け対策しなきゃなー(外のスペースなので)。

リサイクル運動市民の会 フリーマーケット
会場:品川インターシティ
開催時間:10時~16時 ※私は13時くらいに撤収予定

朝早いのにstavのinstagram見るのが止まらない・・・。
  1. 2014/05/24(土) 23:26:33|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

映画週間 その1(ネタばれアリ注意)

いわゆる『全米が泣いた!』的な大規模公開の大作が苦手で、映画館まで赴くのは滅多に上映されないカルト作品のリバイバルか単館上映かホラーか、という偏った趣味の私ですが、最近はわりと一般的な映画も観るようになってきました。面白いものは面白いということで。まあそうはいっても私が「アナ雪」を観にいくことは100%ないですけど(笑)。

チョコレートドーナツ』はどこで知ったんだっけな。雑誌のレビューだったかな。
まずはタイトルで惹かれ(食いしん坊なので)、あらすじを読んで興味を持ち、予告編を見て「これはぜったい観にいかないと!」と決意。当初はシネスイッチ銀座だけの公開でしたが、水曜日に有休が取れるまで~と待ってたら(映画は1000円で観る主義)人気沸騰につき公開拡大となってました。おかげで大好きなシネマカリテで見れてよかったー。

あらすじはオフィシャルサイト予告編を見ていただければ・・・と思いますが簡単に書くと、舞台は1970年代後半アメリカ。ゲイであることを隠して生きている弁護士のポールが、意を決して初めて訪れたショーパブで女装して口パクで踊るダンサーのルディとお互い一目惚れ。あっちう間に親密になりますが、ルディが隣に住むジャンキーの母親と暮らすダウン症の少年、マルコを保護したことから事態は急進行。裁判で有利になるからという半分口実?の申し出でルディはマルコとともにポールの家に同居、収監中の母親の承諾も得て3人で家族として暮らすように。マルコは理解ある先生がいる学校に通い、ルディの歌声に惚れこんでるポールは彼に録音機をプレゼントしデモテープを作るようサポート。ハロウィーン、誕生日、クリスマス・・・と楽しい幸せな時間を過ごす3人。が、2人の関係が周囲に知られたことからポールは職場をクビになり、マルコは施設に引き取られ離れ離れに。ポールとルディはマルコを自分たちの元に戻すため法廷で闘うことになる・・・。

結末は言えませんが、途中でなんとなく予想できる、そうでなければいいのにというラストが待ってました。もうどうにもやりきれないです。これが70年代の現実、というより今も事態はそれほど進んでるように思えないんですがどうなんでしょう。同性婚を認めてる国も州も多いけど、差別や偏見は無くなっていないだろうし。今なら裁判をすれば勝てると思いますが、実際こういうケースというのはどのくらいあるんだろう?調べる手立てがないのでわからないですけど・・・。

それでも幸せなシーンも多かったですねえ。私が特に好きなのは、ルディがマルコに『あの人(ポールのこと)、自覚ないけど私にゾッコンなのよ』と言う場面。もうほんとにポールはルディのことが好きで好きでって感じがタダ漏れで可愛いのです(笑)。タイトルになってるチョコレートドーナツを食べるシーンのマルコの笑顔も超可愛い。

それと電話に出ないポールに怒って乗り込もうと歩きだした時、マルコを振り返って「手を繋いで」と言う初期の場面、ああ、きっとマルコは生まれて初めて誰かと手を繋いだんじゃないかなって思って、短いシーンだけどすごい残ってます。

そして更に印象深いのは音楽。前半の幸せな展開と中盤の法廷劇、そしてやりきれないラストと進んでいく中で、ルディの歌が大きな意味を持ってるんですよね。私はストーリーでは泣かないタイプなんですが音楽で涙腺が刺激される人なので、歌が流れるたびにウルっとしてました。特に最後、ポールが関係者にタイプした手紙のバックに流れる『I Shall Be Released』には心を打たれます。ルディは送ったデモテープがハリウッドのクラブ関係者に認められて週2で歌うようになってるんだけれど、最初のステージでは白い衣装、ラストは黒い衣装なんですよね・・・。でもきっと、クラブ関係者が聴いたのはマルコが”幸せのキス”をしたデモテープなんじゃないかな。

私は70年代の音楽は全然知らないので判らないんだけど、知ってる人にはまた違う意味合いや印象があるのかも。これが80年代だったら私にも判るんだけどなー。

とにかく見終わって数日経つ今も、あれこれ思い出してしまってる鮮烈な作品。ゲイカップルに偏見の無い人には熱烈にお勧めします。や、偏見がある人にこそ観てほしいかな。

ところでちょっと気になるのがタイトルの「チョコレートドーナツ」。なんかこれを邦題にするのってどうなの?原題は「Any Day Now」で、これをまんま訳すのは難しいと思うけど・・・。チョコレートドーナツはストーリーの中で確かに役割があると思いますが、『家族を繋ぐ食べ物』とまで表現するのはどうかなと。公式サイトでは【プレゼントが当たる!! "家族をつないだ食べ物の思い出" 募集!】なんてのもやってましたが(現在は終了)、ちょっとやりすぎでない?私みたいにタイトルに惹かれて興味を持つ食いしん坊さんは多いとは思うけれど、でもなんか意図が違う・・・と思ってしまうのでした。それでもやっぱり熱烈お勧め!
  1. 2014/05/18(日) 19:57:42|
  2. 映画と舞台
  3. | トラックバック:0

連日新宿

火水木と3日連続で新宿に行ってます。正確には新宿シネマカリテに行ってます。
前日購入→映画鑑賞→前々日購入ときて、明日も行きます(笑)。

水曜に観たのは「チョコレートドーナツ」。2日経っても心のザワツキが止まらない作品です。詳しくはまたきちんと。
そして明日は超カルトな作品を見に行くのだ。学生時代に一度観てるんですけどね、ぜったいテレビでは放送されないから何年ぶりだろ?楽しみ~。

  1. 2014/05/16(金) 23:59:37|
  2. 映画と舞台
  3. | トラックバック:0

6月のライブ

私が告知することでもないんですが(笑)。

日寿さんがサポートするU-KENさん次回ライブ。
りくやさんのバンド"mypainline"主催「welcome to the junkys』
6月21日(土)渋谷チェルシーホテルです。

チェルシーホテル、懐かしい。
良い思い出かというと微妙なんだけれど、D☆Sを知って突貫工事でファンサイトを作って、『ファン』と自覚して初めて行ったライブがチェルシーホテルなんですよね。
対バンが豪華だったから(KAZさん&アンナちゃんのスピンアクアが出ていた!)チケット取れなくて、ネットで『売ります』という人を探して購入したり(良い人が定価で売ってくれました)。

そして今思い出しても恥ずかしいんだけど、作ったばかりのファンサイトのURLをわざわざアンケートに書きまくってD☆Sに伝えようとしたという暗黒歴史が…ああ、恥ずかしい。よくそんなことしたよなー10年前の自分。

まあそのおかげで?日寿さんがサイトに来てくれて、GrimLopEar29Qのことを知ったりしたわけだから良しとするべきなんだろうけど、やっぱりかなーり恥ずかしい思い出です。

あとはネバランも1回ここで演りましたよね。私は体調わるくなって途中退場したこれまた苦い思い出が。チェルシーホテル物語、終わり(笑)。
あ、21日はちゃんと行きます。
  1. 2014/05/12(月) 22:42:11|
  2. 日寿さん&UKenさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりBYBが好き

リヴ・ライヴ・イン・パリ(ボーナスDVD付き初回生産限定盤)リヴ・ライヴ・イン・パリ(ボーナスDVD付き初回生産限定盤)
(2005/03/23)
バックヤード・ベイビーズ

商品詳細を見る


連日音楽ネタを投下してますが。特に意味はありません。ちょっとヒマだから?

Dregenライブがすでに遠い昔のように思えるこの頃(半月しか経ってないのに!)。
ライブ後に神保町のディスク・ユニオンでBYBのライブCD+DVDを購入しました。
2004年のパリのライブ音源とドキュメントDVD「JETLAG THE MOVIE」が入った日本初回限定版。元値は3200円ですが確か300円で買ったような・・・安すぎる。まあ発売されたのが10年前だし。
でも3200円でも買う価値ありです(買ってなかったけど)。なんといってもセットリストが神だわー。最高!このセトリでいま!やってほしい~。
プレイヤーの前で『かっこい~』とのたうちまわってる私(笑)。

「JETLAG THE MOVIE」は字幕が入ってるのが嬉しい。
若い頃のドレゲンがぶっとんでて素敵~。ニッケによると高校時代すごいモテてたとか・・・。
ストックホルムに4人で出てきた時は"プロの万引屋”だっという衝撃のエピソードも。ドレゲンは月曜の担当で、メンバーの朝食と昼食(食料)を盗んでたとか・・・。
是非はともかく、苦労してるんですねえ。

ドレゲンのソロも良いけど、やっぱりBYBがいいなー好きだなー。
自分の記録見ると、初めて彼らのライブに行ったのは1998年なのね。もう16年も前なのかー。
ああ、早く復活してほしい。復活すると信じてるから!
"Powderhead"大好きだ☆


  1. 2014/05/09(金) 23:03:40|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

語りだすと長くなる(笑)

This Is What I DoThis Is What I Do
(2013/12/20)
Boy George

商品詳細を見る


エントリー冒頭からいきなりこの↑ジャケ写はどうかと思ったりもしますが(苦笑)。
カルチャー・クラブのヴォーカルBOY GEORGEの、18年ぶりオリジナル・フルアルバムです。

インポート版が発売になったのが昨年末、日本版発売も今年3月とすでに古い話題ではあるんですが、なにせ自分が聴いたのが一昨日なので。買ったのは1月なんですけどねー、このジャケ写を見ると中々聴けなくて(失礼な)。いくらもうセクシャリティを隠してないといっても、こんな思いきり出さなくてもいいと思うんですけどー(苦笑)。

それにしても痩せましたねー。全盛期の妖艶さは皆無とはいえ、一時の、なんというか、海坊主?雪だるま?首どこ?みたいな状態からよくぞここまで。なんでも『食事と食事の間に5時間は空ける。食事時以外にコーヒーと紅茶は飲まない、その間は水か炭酸水。パンと砂糖は禁止』というダイエットで痩せたとか。詳しい記事&使用前・使用後の写真はこちら。

とまあボロクソ言ってる私ですが、ボーイ・ジョージとカルチャー・クラブは私の音楽趣味の原点であって、彼らがいなかったら今の私はいなかった!と断言できちゃうくらい大きな存在です。
といっても好きだったのはドラマーのジョン・モスで、彼のことは今でもカッコいいと思ってます(笑)。なのでジョージとジョンが恋人同士だった、カルチャー・クラブの歌はすべてジョンとの恋愛を描いたものだと知った時のショックときたら・・・しかもこれ知ったのがほんの数年前という純情さ!っていうかなぜ気付かない自分!(このへんの情報はとあるUKゴシップサイトに詳しく書いてあったんですが、閉鎖されたらしく見られない・・・残念)。

前置き長すぎですね(笑)。そんなこんなで大事といいながら中々屈折した気持ちを抱いてるボーイ・ジョージのソロアルバム。これがもう、めちゃくちゃ良いんですよー。
とにかく声がすごい。元々あのハスキー・ヴォイスが好きだったけど、50歳を過ぎて(ひーっつ)さらに低音になりすごい渋い声に。そして歌になんともいえない深みがあるんですよね。これはもう彼の激しすぎる人生が造りだしたもので、今だからこその歌なんだろなー。

世界的な成功をおさめた後に麻薬所持で捕まったり男性を監禁して捕まったり虚偽の証言をした罰として清掃作業をしたりロンドンの屋台で2千円のTシャツを売ってたりと色々ありすぎの彼の生き方は賛否あるだろうけど、今、この声でこんな歌が歌えるなら良いじゃないか!と、彼の曲だけを心の支えにして生きていた中学生だった自分が今も胸の奥に棲んでいる私は思うのでした。早く聴けばよかった!

  1. 2014/05/07(水) 23:07:38|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0

GWは・・・

GW終了。
完全に飛び石だったのでなんだか疲れました。30日は寝坊しちゃうし(ダメダメ社会人)。

結局連休中にしたこと・行った所と言えば・・・
・DAIGOさんライブ
・多摩動物園
・等々力渓谷
・成城~仙川~狛江散策(古本屋を探した)
・我が家に友人を呼んでピザパーティ
・『シャーロック』字幕版をがっつり観る(たった今観終わった)

少しはクリエイティブなこともしなければとシフォンケーキを焼いたり(クリエイティブ?)、録画しておいた映画『ロンドン・ゾンビ紀行』を観たり、
買ったまま放置してたボーイ・ジョージの新譜を聴いたり。

んん?こう書くとそれなりに充実してるな。
とにもかくにも明日から仕事。うんざりです(涙)。
  1. 2014/05/07(水) 00:48:56|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

はるにゃん4歳

nyann_201404_3.jpg

我が家の愛猫はるにゃん、4月で4歳になりました。
癲癇の薬は欠かせませんが、それ以外はいたって健康。毎日よく食べてよく寝てよく暴れるお元気にゃんです。

「猫の気持ち」付録のおうちも…
nyann_201404_1.jpg
10日後にはこの状態(更に数日後完全に崩壊したので捨てました)。
nyann_201404_2.jpg

お布団大好き。これは私のお昼寝用座布団なんですが、完全にはるにゃんの物になってしまいました(毎晩ここで寝ます)。
nyann_201404_5.jpg nyann_201404_4.jpg

抱っこするとなぜか手足から完全に力を抜いてこの状態になります。昔風に言えば「ネズミを捕らない猫」ですね(笑)。
nyann_201404_6.jpg nyann_201404_7.jpg

読んでる新聞の上に乗るのは全ての猫のお約束。
nyann_201404_8.jpg

あっという間に4年経ってしまいましたねえ。まだ若にゃんだけど、あと数年でシニアにゃんになっちゃうんだなあ。
いつまでも元気で可愛いうちのにゃんでいて欲しいです。しかしほんっと可愛いな←親ばか。
  1. 2014/05/01(木) 23:35:11|
  2. はるにゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。