パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

@初台The DOORS

何をどう書こうか悩みながらのBlog記事なんですが。
日寿さんがサポートするU-KENさんのライブに行ってきました。

活動休止宣言から約7年。その後、由佳ちゃんのサポート、GrimLopEar29Qの1日復活ライブ等あったけど、基本的には音楽活動から離れていた日寿さんの久々のバンドスタイルでのステージということで、告知があった日から本当に楽しみでした。

初台THE DOORSもひさしぶり、というかこういう小さなハコそのものが久しぶりで、対バンのわっかーいファンの子たちのノリに少々たじろぎつつ迎えたU-KENさんの出演時間前。ステージに登場した日寿さんの姿に目をやると。

なんだろな、この自然な感じは。

実は、もっともっと感傷的になると思ってたのです。
最後のD☆のライブやネバランの解散ライブ、自分が運営してたファンサイトを閉じた時。私はほんっとーにめちゃくちゃ悲しくて、まあ思い返すと自分でも恥ずかしいくらい落ち込みました。というのも、正直な話、日寿さんが将来的に音楽活動に復活するとは思えなかったんです。なぜかというのは私の思い込み多数なのでちょっと言えませんが(苦笑)、とにかく復活はありえないと思ってました。もちろん心の底ではあったらいいなあと願ってましたが。

なので、誠さんのツイッターやBlogで"ComeClean復活"を知ったときも、そこでU-KENさんのサポートをしていると知ったときも、本当に本当にびっくりしました。なんで急に?

そんなわけで、今日、ステージに立つ日寿さんを観たらどんな感慨におそわれるんだろう、D☆Sの時のように泣いちゃうんだろうかと自分でちょっと恐かったりもしたんですが、これがもう拍子抜けするくらい、自然に、普通に受けいれてしまったんですよね。以前一緒にファンしてた方と『こんな日が来るんだねえ』と話したりはしたけれど、全然感傷的にもならず、まるで休止期間なんてなかったかのように、ただ久しぶりのステージって感じで。まるで7年前からワープしたような感覚。そのくらい違和感なく”いつものように”日寿さんが下手にいました。結局はここが日寿さんにとって一番自然な場所なのかな。これもまた私の思い込みだけれど。

ああ、ここまでなんて長いんだ(苦笑)。以上前置きって感じね(笑)。

そんなこんなでU-KENさんのステージです。
U-KENさんについては、「KANEKO」のボーカルらしい、という前知識しかありませんでした。ちなみにKANEKOってGrimの1日復活ライブの時に対バンしてるんですよね(観てはいないのですが)。

一言でいうならば、とても華のある人だなと。声にも姿にも。たぶん一度観たら、聴いたら忘れられない佇まいと声のアーティスト。でもバンドとしてはなんというか、すごい"男らしい"。声の甘さとは裏腹の男っぽさを感じる音でした。ちょっと不思議。日寿さんのコーラスもすごく合ってましたね。バンドとしても初回なのにすごいまとまっていて、まるでずっと一緒にやっているかのようにしっくりきてました。

ただ個人的には、声の良さの割りに歌の記憶があまり残ってないかなあ。タイトル聞いて歌が始まっても情景が浮かばなくて、歌詞は聞き取れるんだけど何に対してどう歌っているのかがよく判りませんでした。前向きなのか?感傷的なのか?愛の歌なのか?わからない感じ。うーん、どう表現したらいいんだろう。好きな傾向ではあるんだけど。もう一度聴きたいとは思うので、これからじわじわと良さが伝わってくるのかも。

そんなこんなであっという間に終わってしまったので、また行ける時には参加したいですね。って今週末にもうあるみたいなんですがどうしよー。いやきっと行くよね。行くでしょう!日寿さんのBassを聴きたいというのがもちろん最上位の理由だけど、活動休止を解除して参加したこのチームがどういうものなのか、どういう色になってどう進んでいくのか見たいという気持ちが大きいです。

とにかくなんだかとても自然に受け入れてしまった久しぶりのステージ。
とても楽しかったです。おつかれさまでした。


余談:メンバー紹介でU-KENさんが『日寿さんがサポートするようになってから自分の視聴率が下がった、黄色い歓声も増えた』と言ってましたが、本当に昔からの"日寿ファン"多かったですねえ(苦笑)。←苦笑しちゃいかん、自分もだ。ファンってすごいなあ。←感心してる場合じゃない、自分もだ。でも私はファン同士で牽制しあうのがほんっとコリゴリなので、というかこのトシでそんなことに精神力使いたくないので、ひっそりこっそり見て帰りたいのが本音です。今日も出待ちせずステージだけ観て帰ってきました。こういうところに7年の月日を感じます(苦笑)。
  1. 2014/01/14(火) 00:52:40|
  2. 日寿さん&UKenさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"City Of Angels " | ホーム | ダラス・バイヤーズクラブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/1227-a5ddb6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。