パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月15日

69回目の終戦記念日。
私は”戦争を知らない”世代ではありますが、子供の頃はまだそこそこに太平洋戦争の名残があったように思います。
実家のお墓がある寺は空襲のあった門前仲町で、お参りに行くと焦げ跡のある墓石が幾つもありました。
パンダを見に行った上野動物園では、駅前に『傷痍軍人』が立っていました。
母の実家がある房総では、山に防空壕が残っていました。

昭和一桁生まれの父は、『あと1年戦争が続いていたら自分も出征していた』と言っていました。

家族で「はだしのゲン」の映画にいき(恐くて私が泣いて途中退場)、私に『ガラスのうさぎ』『広島の姉妹』『東京大空襲』等の書籍を買い与え読ませた父が戦争を否定していたことは間違いありません。でも家には”戦艦長門”を初め海軍に関する書籍が大量にあり、そこにはまた違う感情があるような気もします。それが何なのか、あの時代をどんな風に過ごしたのか、そんな話が出来るようになる前に父は他界してしまったので、その答えを探して父が残した本や雑誌を少しづつ読んでいる私は、太平洋戦争を”遠い過去のこと”として忘れることは出来ません。

近年、NHKや新聞(読売しか読んでいませんが)では、”戦争下の悲惨さ”に加えて”なぜあの戦争が始まり、なぜ敗戦に向かっていったのか”を検証することが多くなってきました。父がいた頃にはなかった新証言や新事実もあります。父がいたら読んだだろうと、今は受身の一方ですが・・・。

何が出来るのか何をしたいのかもまだ定まっていませんが、いつか、史実を次世代に繋げる活動の手伝いをしたいと漠然とですが考えてます。父が残したかったこと、伝えたかったことを想像しながら、いつかきっと。

”父と戦争”について、毎年書こうと思いながら躊躇してきました。
でも私も若くないし、いつ何が起こるか解からない。拙くても言葉足らずでも、少しでも残しておきたいと思い、やっと記事にしました。本当はもっと色々あるのですがネットだと限界があるので・・・。

いつものように出社しいつものように普通に過ごした8月15日ですが、”普通の日”があることに感謝し、犠牲になった方々に哀悼の意を表します。
今も中東で、世界で続く争いが一刻も早く終息し、無用の犠牲がこれ以上出ないことを心から望み、祈ります。
  1. 2014/08/15(金) 21:42:28|
  2. 日々戯言
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/1314-372a5370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。