パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッピー・エンドに怒る休日

(ネタバレ有り。注意です)
FOXムービーSF&ホラーチャンネル放送『ドクター・モローの島』鑑賞。

1977年 アメリカ 監督:. ドン・テイラー. 原作:. H・G・ウェルズ

難破した船から脱出した船員ブラドックは、流れ着いた孤島でそこに住む天才的科学者モロー博士と出会う。ブラドックは、博士の態度や彼に盲従する島の住人たち、さらには島の雰囲気そのものに釈然としないものを感じるが、やがてその疑問が晴れるときが来た。何とモロー博士は猛獣を人間に変える恐ろしい研究に情熱をかたむけていた。全てを知ってしまったブラドックは島からの脱出をめざすが……。
Amazonの”ストーリー”から)

なんていうストーリーはまったく知らずに”なんか面白そう”と録画した映画。
けっこうエグイな~でも定石な話運びだな~・・・と思いながら迎えたラスト。
獣化が進んでた主人公が元に戻り、一緒に逃げたヒロインも美しいまま、救助の船に手を振る・・・
え!?そうなの!?ハッピーエンド!?
納得いかーん!
このストーリーなら、絶対”ヒロインが獣化してエンド”でしょう!

と、怒りまくって検索してみたら。

やはりエンディングは2種類あるそうです。
アメリカ公開版はハッピーエンド、日本公開時版は予想通り”ヒロインが半分獣化して悲しげに振り返る”というアンハッピーエンド版だそう。
大納得!!
ちうか、なんでアメリカってハッピーエンドにするの~?”フランダースの犬”も確かハッピーエンドじゃなかったっけ?

色々検索したところ、2005年にDVD化された映像もアメリカバージョンらしい。で、マニアの皆さんが怒ってらっしゃる(笑)。
いや~気持ちわかるよ~やっぱりこれは公開時バージョンが正解でしょう~。
どこかでリバイバル上映することを切に希望する私なのでした。
  1. 2008/02/17(日) 23:00:00|
  2. 映画と舞台
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/251-1bb0693e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。