パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lyrical Call@池袋 手刀(2009/11/28)

1128_1.jpg
1.深海
2.LAST CALL
3.フィルター
4.悲鳴の朝
5.my sweet deram
6.Coda

んー、いつも通りに書こうと思ったけど、やっぱり難しいみたい。なので断片を。

予告時間から15分押しで始まった、2ヶ月振りのLyrical Callのステージ。最初は、ひっかかりはなかった。今日はなんだかベース&ドラムが響いて好みだなあって思ったり、”LAST CALL"が終わったときには、詰めていた息を吐いた自分に気付いて、音源で耳に馴染んだつもりでも、やっぱりリラックスして聴く音楽じゃないよなあって思ったり。

3曲目の”フィルター”。すごく好きだったのに、あの切り込むような鋭さを感じなかった。それと、誠さんの表情が気になってた。リリカルではいつも笑顔じゃないけど、なんだろう、何か違う。

ルカさんのMCにも違和感があった。『Lyrical Callはあまりライブをしないバンドなんですが、今日は来てくれてありがとう』という言葉。”悲鳴の朝”の前の、『小さい頃は今よりもっと生きるのが辛くて、今は好きなことしか選んでいないのに、こんなに辛いのはなぜなんでしょう』という呟き。言葉を探して出そうとしては飲み込むような間合いに、不安が増した。なにより、前回ライブで感じた、ステージから発せられるエネルギーが今日は何か弱い。

違和感は、ルカさんが放った言葉で明らかになる。

「Lyrical Callは、来年1月のライブで活動を休止します」

そのまま歌に入ろうとしたルカさんを遮って、カズさんから、1月には2曲入りのCDを持ってきますという告知。休止するのにCDもらってもと思うかもしれないけど、忘れないでねっていう言葉が寂しい。”忘れないでね”って。ここまで入り込ませておいて、忘れられるわけもないのに。

最後の”Coda"は、本当に美しくて、染み入る歌で。こんな気持ちで聴くのは悲しすぎる。


どうしてなんだろう。なにがあったんだろう。その疑問を、ライブ後に誠さんに聞いた。決して「解散」ではないこと、リリカルはとても繊細だから、ここでちょっと止まってみようということ、新曲も出来ているということ。”待っていてください”とのこと。

うん。待てるよ。待てる。その言葉を信じないわけでも、信じられないわけでもない。軽い気持ちでないのも、バンド全員で考えて出した結論だというのも理解できる。

でもね。バンドの音楽を愛する者にとって、ずっと応援してたファンとして、バンドの休止って、すごく傷つくんだ。私たちの想いはどうすれば、どこに行けばいいんだろうって。

ああ、どうしても泣き言になっちゃうな。やっぱり冷静になんて書けなくて。でもこのくらいは言わせてもらってもいいかな。勝手すぎる?
  1. 2009/11/29(日) 12:00:00|
  2. Lyrical Call
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/737-a7218c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。