パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オフステージ

昨日の記事はもちろんシラフで書いたんですが、一夜明けたら猛烈に恥ずかしくなってきました(苦笑)。
音源の感想ってねーなんか恥ずかしいんですよねー。全然見当違いのこと言ってないかとか、とんでもない解釈してないかとか。作り手側はそんなこと全然思わない、と何人ものバンドマンに聞いたし確かにそうだろうとは思うんだけど、どうしても気恥ずかしさが。そうそう、私、「ブログ読んでる」って言われるのもすっごい恥ずかしくて。言われた途端に自分が書いたあんなことこんなことを瞬時に思い出し、挙動不審になります(笑)。や、嬉しいんですけどね、もちろん。私は創造者にも表現者にもなれないとしみじみ思うわあ・・・。

と、言い訳はこの辺にして。31日のリリカル話をもうすこし。

ステージが終わった後はぐったり疲れたので、気付けにビールを1杯(笑)。トリのバンド演奏中は出ていようと外の階段にいたんですが、ここは上から下までリリカルファンのギャルズ(私除く)がずらっと占拠してました(笑)。イベントが終わり、メンバーも戻ってきたので再び中へ。物販で音源2枚購入。1枚は保管用、1枚はサインしてもらう用。どこにしてもらおうかな~と悩んだ末、この場所に。

LC_02.jpg

このイラストは誰が描いたか誠さんに聞いたんだけど、言葉を濁していたので追求せず(笑)。気になるなあ。

裏ジャケはクラゲ(ですよね?)の写真。帯のキャプションも素敵なんだけど、帰宅してじっくり眺めてたら発見。
LC_01.jpg

帯の裏に「Thank you  Lyrical Call」と書いてあるのです。なんかジーンときてしまった。リリカルのこういうところが好きだなあ。

会場が片付け体勢に入る中、写真も撮ってもらいました。メンバー+私+ご一緒した方で、なんと撮影は、いつもリリカルの超かっこいい写真を撮っているカメラマンの齋藤雅哉さん!プロに撮っていただいた写真は私のコンデジでも一味もふた味も違います。ホントにありがとうございました(プロの写真に加工は出来ないので公開せず)。その後にメンバー+ファンの集合写真も撮っていただきましたが、ギャルに混じって私ひとり…(以下省略)。でも嬉しかったです、はい。素敵な案内もいただいたので、またあらためてご紹介します。

そんなこんなで長々と書いてきたLyrical Callの" Epilogue of the first movement "。約1年半、バンドもそうだけど、私自身もリリカルとの向き合い方はかかなり変わりました。その強烈な世界観に慣れるのも時間がかかったし、メンバーが何を考えてどこを目指してるんだろうと疑問に思ったこともあったし。それでも離れることなく、1回1回のライブで少しづつリリカルの世界を消化し取り込んで。短い間にこれだけの思いを、記憶を残してくれたLyrical Callと出逢えて本当に幸せ。でもまた逢えると信じてるのでね。これからも折にふれ記事にしていくので、またかよ!と思ってもおつきあいください(笑)。

というわけでとりあえずは一段落。おつかれさまでした!
  1. 2010/02/04(木) 23:59:59|
  2. Lyrical Call
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/782-d83f7248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。