パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何回でも感無量(毎度長いです)

鹿鳴館30th Anniversary『鹿鳴館伝説~LEGEND OF ROCK MAY KAN~』
2010年3月20日(土)JCBホール 出演:DEAD END/D'ERLANGER/44MAGNUM


えーと、実を言うと私、目黒鹿鳴館には行ったことありません(苦笑)。熱心にライブハウスへ通っていた頃は鹿鳴館系のバンドはあまり好みじゃなかったんだよね(DEAD ENDは別格)。なので今回このイベントに行ったのは完全DEAD END目当てで、鹿鳴館に対するリスペクトみたいなのはあまりなかったんだけど…結果、すごい良いイベントでね。そんな自分の姿勢をちょこっと反省しました。やっぱり時代を作ってきた人たち、バンドというのは偉大だなーと。まあそういう気持ちは後付けで、その場ではただライブを楽しんでただけですけどね(笑)。

チケットは席有りを取ったんですが、JCBホールって普通のホールだと思ってたから、”立ち見”って席の後ろで見るんだと思ったんですよね。後から”立ち見”ってのはいわゆるスタンディングエリアだと知ってちょい後悔。ライブはスタンディングが好きなので取り直そうかとも思ったけど、よく考えたらMORRIEの歌を座ってじっくり聴く機会なんて中々ないし、こういうのもいいんじゃない?と思いなおし。ま、DEAD ENDのライブ中は立ってたんだけど(笑)、結果的には席ありで正解でした。

ほぼ時間通り17時(早い!)過ぎに開演。まずはビジョンに地球の画像。そこからJapan→Tokyo→MEGURO→と迫ってきて、目黒駅から鹿鳴館までの道のりが映されるという凝った作り。そこから店内に入ったところで、ビジョンに「DEAD END」と映し出され、うお!1番か!と急いで立ち上がろう…とするも周りが立たないのでちょっと腰がひけます(笑)。が、ステージに出てきた4人を見たらやっぱ座って見るなんて出来ない!と(一応後ろの人に断って)立ちました。今日のMORRIEは髪をかなり立てて、ロングコートが素敵。遠目にも分かるはだけた胸元から見える胸筋…せくすぃ~(笑)。

YOUさんやJOEさんも変わりなく。というか、昨年からYOUさんのBlogを読むようになったんですが、Blogのキャラとステージでギター弾いてる姿がいまいち一致しません(笑)。

"摩天楼ゲーム ""Dress Burning"と演奏したところでMCがあったかな?(すみませんうろ覚えです)。MORRIEが「キャーキャー言うの大歓迎だから」とか言って、会場中がきゃーきゃー声上げてました(笑)。その後のセットリストは…ほぼ失念。"METAMORPHOSIS"中心だったのは確かです(苦笑)。

ところでドラムは誰?湊氏のスケジュールは入ってなかったし真矢さんでもないしSAKURAでもなさそうだし…とすーっとモヤモヤしてたんですが、途中でMORRIEから「おそらくみんな興味津々なドラムを紹介します」と。そのときはヤマザキ ケンと聞こえたんですが、調べたら山崎 慶氏のようですね。「息子くらいの歳かな」とMORRIEは言ってましたが、若くてもハタチは超えてるだろうしそれはないんじゃない?(笑)。

ラストは「冥合」。あいかわらず壮大で美しい曲。こういう曲をホールでじっくり聴けたのは良いかも。しかしJCBホール、音がいまいち。3階だったせいもあるかもだけど、なんかガチャガチャしてます。MORRIEも(その後出てきた出演者も)やりにくそうにしてた気がする…。でも調べる限りは音響は最高!なんだそうで、じゃあPAの問題?何度もハウってたしな~。とはいえ久しぶりのDEAD ENDに満足、満足。あとはまったり観るぞ~と椅子に座る私(笑)。

2番目はD'ERLANGER。えーと、熱狂的なファンがいることもカリスマなのも解ってますが、私はあまり…。好みの問題ってことで許してください(苦笑)。ギタリスト氏の佇まいはすごく好きでした。上から見るとそういうのがすごくよくわかるなー。

ラストは44MAGNUM。実は彼らのことも良く知りませんでした。時代的に私のもうちょっと上の世代かなと。とはいえ、ステージに現れたメンバー、特にボーカル“PAUL”氏の迫力、存在感はすごいなーと3階から身を乗り出して釘付け。イメージ的にはオジー・オズボーン(笑)。でもボーカルが2人?こういうバンドでツインボーカル?Bassもすごく若そうだしなんかファンがステージ前に集まってるし、どういう編成なんだろ・・とライブ中ずっと不思議だったんですね。いやもうほんっと不勉強ですみません。

で、帰ってきて調べたら、BassはSHUSE(ex.ラクリマ・クリスティ)さんだったんですね!どーりで派手だと(笑)。すんごい目立ってましたからね~。ターンしまくりだし。でもってドラムはオリジナルメンバーの宮脇“JOE”知史さんだったのか!うわーもっときちんと聞いておけばよかった。ギタリスト氏もセクシーでかっこいいな~と思ってたんですが、こちらもオリジナルメンバーのJimmyさん。Wikiで調べたら…49歳!?ありえなーい!?20代かと思ったよ~(マジで)。すごいなあ…。

でもって気になったボーカルもう1人は、PAUL氏の息子さんだったんですね。ものすごく良い声でしたね。ルックスも良いし、親子でかっこいいなあ。が、Wikiによると、PAUL氏は若年性パーキンソン病を患っているんですね…。ライブ中「病気なんてクソくらえだ」と言ってたしちょっと話し方がぎこちなかったから、あれ?とは思ったんだけど。うーん。なんか色々考えてしまいましたが、「自分たちもまだこれから歴史を作っていく」といってたPAUL氏の言葉が救いかな。

3バンド終わったけれど、まさかこれで終わりはないだろーと待機。当然、ステージ上はバタバタとセッティング。ドラムセットが2個出てきます。やっぱこういうイベントではセッションでしょう(笑)。PAUL氏、MORRIE、KYOさんが出てきて、ステージ上はほぼPAUL氏が仕切ります。MORRIEは「なんでDEAD ENDのときにこんなに盛り上がらないんだ」と言ってました(笑)。そしてPAUL氏が「ここは大将を呼ぶしかないだろう!」と、鹿鳴館の社長さんが登場!なんかすごく人のよさそうな白髪のおじいちゃんです。なんでもこの30年で表に出たのは初めてだそうで。でもそこは老舗ライブハウスの社長さん、スピーチはめちゃくちゃ面白かったです。こういう人が日本のロックを支えてるんだな~としみじみ思いました。

で、社長さんの「野郎ども出てこい!」の声で他のメンバーも出てきたんだけど、セッションの前に写真撮影をということで皆が並んでたら・・・なんかガウン(?)持ってウロウロしてる黒い服の人が。あれ?SAKURA?(好きな人は遠目でもわかるのだ・笑)。ちゃっかり記念撮影に加わり、MORRIEに「なんでSAKURAがここにいるんだ」と突っ込まれてました(笑)。

というわけで最後は皆でセッション(私はわからなかったんだけど44MAGNUMの曲だったようです)。なんかもう皆入り乱れでワケわかんなかったけど(笑)楽しかったー。で、ラストは皆で手つないで挨拶。約4時間のイベント終了です。

DEAD END目的で行ったライブだけど、色々感じ入ることが多かったですね。20年、30年バンドを続けることは中々難しくて、途中ぽっかり休んだりメンバーチェンジがあったりもするけれど、真に魅力あるバンドにはファンはついていくし、若い子もあらたにファンになっていくし。自分が今好きなバンド、ミュージシャンたちが果たして20年後に活動しているかな?もちろんそうであって欲しいけれど、今日観た3バンドのパワーと才はやっぱりすごく稀有なものかなと。その片鱗に触れていられる私は幸せだなー。これからもバクシンして欲しいです。楽しくも有意義なイベントでした(あいかわらず長い文章でスミマセン)。
  1. 2010/03/22(月) 12:00:00|
  2. Music&Live Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ユウウツな日々と戦利品 | ホーム | Best wishes to you on your birthday!>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/02/08(火) 21:29:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/826-0304f95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。