パンダになりたい-madoka's WEBLOG vol.3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりに映画ネタ

久しぶりに映画館へ行ってきました。あいかわらず1000円デー狙いですが(苦笑)。
観た作品は、以前にも紹介した「月に囚われた男」。デビッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督作品です。

監督への興味はもちろん、オフィシャルサイトの予告編やストーリーを見て面白そうだと思ったから行ったんですが…これが!予想以上に!素晴らしい作品でした!いやあ、ボウイの息子がクソつまらない映像撮るはずはないとは思ったけど(←いろんな意味で失礼)、それにしたって初長編作品でこのクオリティ。やってくれるなー。

(以下、ネタバレなので注意)
サイトにあるストーリーとは微妙に違ったんだけど、じゃあ自分で書いてみようと思うとこれが難しい。”どちら”の視点にすればいいのかっていうね…。で、それを書いちゃうとネタバレになっちゃう。じゃあ難解なストーリーかといえばそんなことはなく、すごく判りやすい。見終わった後に”あれは何だったの!?”みたいな疑問が殆ど残らないのはいいね。

終盤に近づいて段々この”ミッション”の裏事情がわかるにつれ、めちゃくちゃ暗い展開だなーこのまま終わったら救いがないなーと思ったものの、ラストはこれまた意表を突く展開。私みたいな日和見の事なかれ主義者は、何も知らないで眠りについたほうが幸せだったんじゃないか?とか思っちゃうんだけど、それじゃダメだ、ということなんだろうね。ハッピーエンド…なんだろうなあ。多分。

これを言ってしまうとネタバレもネタバレですが、古い少女漫画オタクな私(&オット)にとっては、萩尾望都の「A-A′(エー・エーダッシュ) 」という名作があるので、主軸そのものが新鮮だったりはしなかったのがちょーっと残念。まあアプローチは全然違うけれども。”本人”が知ってるか知っていないかっていうのは大きな違いでしょうねえ。

出演者はほぼサム・ロックウェルのみと言っていいでしょうが、ロボットのガーティがいいです。いい奴、という位置づけは丸見えですがそれもまたよし。”最初の”サムが外へ行くときに「帰ってきてから飲むからな」と言って置いていったコーヒーカップをね、ずっと持ったままなんだよね。そして”最後の”サムが目覚めるときには無くなってる。そんな細かいところがグっとくるのでした。

それにしてもこの邦題はいただけないなー(苦笑)。原題は「MOON」なんで、そのままでよかったんじゃなかろうか。ボウイの「地球に落ちてきた男」へのオマージュは判るけど、”囚われた”って表現は…うーん、うーん、まあそうかもしれないけど…微妙に違うんだよなー。ボウイの影がついてまわるならいっそ正面きってつけてしまえ!ってことなのかもだけど、このタイトルから連想するような物語では全然なかったですね。少なくとも私は。

と、色々言ってますけど本当に面白い作品です。ジョーンズ監督、次作にも期待だわ。そしてぜひいつかお父さん主演で作品撮ってください(笑)。

首都圏での上映は、恵比寿ガーデンシネマ川崎チネチッタ。チネチッタは5月7日(金)まで。私は川崎で観ましたが、映画の日だというのに入りは半分もなし(涙)。まあこういう作品に大入りは望めないか…。
  1. 2010/05/01(土) 23:59:59|
  2. 映画と舞台
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://madokapanda.blog104.fc2.com/tb.php/862-125c6532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

コメントについて

コメントは承認制になっています。非公開コメントの場合は管理者だけが見えます。お返事は遅いです、すみません。

現在時刻

月別アーカイブ

プロフィール

madoka

Author:madoka
非モテ系OL(既婚)。
LOVE:ライブ・甘いもの・ホラー映画・漫画・サイパン・白浜パンダファミリー、カピバラ。
mail:
madokapanda13@yahoo.co.jp
(メールフォームも使えます)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。